autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 SUBARU TOKYO MOTOR SHOW 2015=SUBARU Booth Review=

SUBARU TOKYO MOTOR SHOW 2015 =SUBARU Booth Review=

東京モーターショー2015へのスバル出展車両にフォーカスし、ブース取材及び、プレスカンファレンス、そして開発責任者への動画インタビューを掲載。これからのスバルブランドの存在価値を高めるメッセージ性あるスペシャルMOVIEコンテンツです。

スバルブース紹介

≫ VIZIV FUTURE CONCEPT

今回のスバルブースのテーマは「New SUBARU Story」。そんなスバルの「これから」を予感させる出展車両はワールドプレミア2台を含む全7車種。中でも2020年頃のスバルをイメージするのがワールドプレミアの「VIZIV FUTURE CONCEPT」だ。スバルの独自技術がもたらす走りの良さや高い安全性をさらに伸ばしつつ、ユーザーの心の中に芽生える情緒的な価値を高めることを狙っており、スバルのSUVらしいスタイルが冴える。また小型化と軽量化を図った次世代型ハイブリッドシステムとダウンサイジングターボエンジンを搭載。またリアは電気モーター駆動とすることで、AWDながら一般的なFFハイブリッドカーと同レベルの燃費性能を狙う優れものだ。

VIZIV FUTURE CONCEPT VIZIV FUTURE CONCEPT VIZIV FUTURE CONCEPT VIZIV FUTURE CONCEPT VIZIV FUTURE CONCEPT

≫ IMPREZA 5-DOOR CONCEPT

一方で、量産型新世代モデルの第一弾として位置づけられるのが次期型インプレッサこと「インプレッサ5ドアコンセプト」だ。デザインは低重心でソリッド感のあるワイドなボディと、絞り込んだキャビンとコントラストによってスポーティなスタンスを表現。研ぎすませたフェンダーで走りの良さをアピールし、ボディの随所に空力処理を実施。プラットフォームは大幅な軽量化と剛性アップを両立させる新世代のSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用。エンジンは直噴化がはかられる見込みだ。

IMPREZA 5-DOOR CONCEPT IMPREZA 5-DOOR CONCEPT IMPREZA 5-DOOR CONCEPT IMPREZA 5-DOOR CONCEPT IMPREZA 5-DOOR CONCEPT
WRX S4 フォレスター

さらに、WRX S4とレガシィB4に特別仕様車「SporVita」シリーズを設定。コンセプトは「粋な大人のスポーツセダン」で、ネーミングはイタリア語の「Sportiva(スポーティな)」と「Vita(人生)」を組み合わせたもの。最上のスバル車の走りに最上の空間を提供することで、カーライフをより豊かに彩っていくという意味が込められている。欧州の高級車に匹敵する室内クオリティ感を追求した。また日本メーカー国内初採用となるイタリア・トリノの老舗革メーカー・マリオレヴィ社とのコラボによる専用本革をシートを採用。トリム類やインパネを加飾し、タンとブラックの2色でスポーティ、かつモダンな空間を実現。外観にはメッキモールやシルバーの金属調アクセントを各所に配置。内装のタンが活きるラピスブルーパールを特別に設定した。レガシィB4の「SporVita」は参考出品車で、よりラグジュアリー色を強めた内外装としている。

XV WRX STI S207 スバルブース

さらに、大幅改良を受け、アプライドD型へと移行したフォレスター、年次改良を受けE型となったXV、そして「すべてが歴代スバル車最強」として注目のSTIコンプリートカー「S207」が展示されるなど、相変わらずスバルブースの出展車両は目を引くものが多い。外国メディアからも注目度は高く、まさに世界から熱い眼差しを受けるここスバルブース。ぜひこの機会に足を運んでいただきたい。

プレスカンファレンス

快走を続けるSUBARU 今度は未来へ向けた画期的な提案にご注目!

VIZIV FUTURE CONCEPT

VIZIV FUTURE CONCEPTに託されたSUBARUからの熱いメッセージとは!?

IMPREZA 5-DOOR CONCEPT

興奮、そして躍動感 デザイン部長が次期型インプレッサのデザインを語る!