autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 北海道の道を知り尽くす一般モニター4組が体感!ミシュランX-ICE XI3の魅力とは IMPRESSION04-油井さん

IMPRESSION4 VOLKSWAGEN GOLF モニター:油井 保通さん

北海道の道を知り尽くした4名がX-ICE XI3をジャッジ

私はトータルバランスを重視します!

MICHELIN X-ICE XI3は、様々な冬路面をどのように対処するのか気になります!

MICHELIN X-ICE XI3
空関連のお仕事をされている油井さん。
転勤も全国各地へと頻度も多い。ここ最近は豪雪地域での勤務のためか、冬道にもようやく慣れてきた様子で、スタッドレスタイヤへの感心も一層深まっているとか。
「冬の路面」と一言で放ってもその表情は実に様々。結局のところタイヤはトータルバランス性能が重要なのではないかという見解に至り、この機会になんとしてもその点を確かめてみたいと、今回の試走会への応募動機を話してくれた。

MOVIE IMPRESSION

アイス路面への食付き、ハイスピード域での安定感に感動!

一番の発見は、サマータイヤとの違和感が実に少なかったこと!

MICHELIN X-ICE XI3
井さんの現在の愛車はホンダ フィット3ハイブリッド。燃費が良い分、主な用途はもっぱら通勤ということで、これまた使用頻度が高い。サマータイヤもスタッドレスタイヤもミシュランタイヤの装着経験があると話す油井さん。現在履いているスタッドレスタイヤは昨シーズンに購入したばかりの某国産メーカー製。
そんな油井さん、気になるトータルバランス性能の中でも特にアイス路面での性能を重視しているという。早速アイス路面を走行いただいたところ、走行時もブレーキング時も「食いつき感がイイ!」と合格点。
しかもアイスもドライもそれぞれの状況下でハイスピード域での走行をしてもグニャッとした腰砕け感は皆無と話す。さらにはシャーベット雪の轍でもタイヤが取られずボディーが変に振られないことに感動された様子。まさにこのしっかり感が嬉しいと、トータルバランス性能が高いということを実感されていた。そして一番の発見は、サマータイヤとの違和感が少なかったことだと話す。
北海道では実は1年の大半をスタッドレスタイヤのまま過ごす方が少なくない。だからこそスノー、アイス然り、ドライ、ウェット路面と、あらゆる状況に対応できるトータルバランス性能に優れ、尚且つ履き変えた時の違和感が少ないタイヤが重要だとのこと。自身の考えは間違っていなかった!早速今冬の候補にしたいと話してくれた。
  • MICHELIN X-ICE XI3
  • MICHELIN X-ICE XI3
  • MICHELIN X-ICE XI3
  • MICHELIN X-ICE XI3
  • MICHELIN X-ICE XI3
  • Sponsored by 日本ミシュランタイヤ株式会社
  • ロケーション協力:星野リゾート トマム