autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2015 富士通テン、「第44回東京モーターショー2015」富士通と共同出展

東京モーターショー2015記事一覧。自動車の祭典、東京モーターショー2015の記事一覧です。東京モーターショー2015で注目された車種やカスタムカー、コンパニオン・キャンギャルなど東京モーターショー2015の華やかな雰囲気を楽しんでください!

モーターショー 2015/10/19 17:31

富士通テン、「第44回東京モーターショー2015」富士通と共同出展

Text:
富士通テン、「第44回東京モーターショー2015」富士通と共同出展

富士通株式会社(以下、富士通)と富士通テン株式会社(以下、富士通テン)は、10月29日(木)~11月8日(日)にかけて東京ビッグサイトで開催される「第44回東京モーターショー2015」に共同で出展する。なお、富士通としては、初の出展となる。

今回、「ICTでクルマは人のベストパートナーに。」をテーマに、クルマ社会における富士通グループのICTソリューションの取り組みを紹介する。

富士通グループは、ソーシャルイノベーションの取り組みのひとつとして、交通・クルマ分野におけるテクノロジーとサービスの提供を重要な領域と位置づけている。

富士通の“「ヒューマンセントリック・イノベーション」の考えに基づくICT”と、クルマを知る富士通テンの“つながるサービス「Future Link」の考えに基づくカーエレクトロニクス技術”を融合し、「センシング」「情報分析」「HMI(Human Machine Interface)」の組み合わせによる、自由で快適なモビリティ社会実現に貢献する製品・サービスを提案する。

プレゼンテーションステージ

富士通グループが提案するICTを活用した近未来のヒューマンセントリックなカーライフを、大型ビジョン映像、MCによるパフォーマンスを交えて紹介。

体感コックピット

体感コックピットイメージ

株式会社富士通研究所が開発したドライバー向け視線検出技術や先進HMIの技術を搭載したコックピットで、ドライバーの注意力を判断して早めの警告をしたり、天候を予測して適切な経路を案内したりする近未来のドライブシーンをドライバー目線で体感することが出来る。

最新技術・製品展示

車外の情報を捉える「マルチアングルビジョン(周辺監視)」や「ミリ波レーダー(周辺監視)」、眠気の傾向を検知しドライバーの安全運転を支援する「FUJITSU Vehicle ICT FEELythm(眠気検知)」や「虹彩認証(個人認証)」などのセンシング技術と、地域や天候などの社会情報を加えた分析ソリューションを展示、実演する。

「ECLIPSE」 2015 最新カーナビゲーション タッチアンドトライコーナー

自動地図更新や、音声による検索・操作など、「ECLIPSE」の最新の“つながる機能”を実際に体験できる。

出展概要

日時:10月29日(木)~11月8日(日)

場所:東京ビッグサイト 東1・2・3ホール「E2105」

テーマ:ICTでクルマは人のベストパートナーに。

見どころ:ドライバーの挙動や、車間距離や接近物などの車外の状況を捉える「センシング」。蓄積された交通情報や天候などをかけ合わせて先を予測する「情報分析」。それらをドライバーに優しく伝える気が利く「HMI」。この3つの要素を組み合わせて生み出す製品・サービスを出展。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

[PR] スペシャルスポンサーリンク

主要出展メーカー・ブランド