autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 世界最大の痛車の祭典「痛Gふぇすた2015 in お台場」 2ページ目

イベントレポート 2015/10/10 18:18

世界最大の痛車の祭典「痛Gふぇすた2015 in お台場」(2/3)

世界最大の痛車の祭典「痛Gふぇすた2015 in お台場」

輸入車にも広がる痛車の波

痛車は国産車の、それも型が古いものが多いというイメージが固定していた時期があったが、今では新車から痛車を目指すオーナーも数多い。またその波は、草創期にはありえなかった輸入車にも派生してきている。

フェラーリやアウディR8など、輸入車の中でもスーパーカーといわれるモノも痛車として参加していた。

また痛車とは対極にいそうな感のあるケータハムなどのスパルタンスポーツも、この場にあれば痛車となってしまうのである。

まだ数は少ないがアメリカンのフルラッピング痛車も見かけるようになっていた。このマスタングの特徴はキャラを前面に押し出さず、作品のアイコンとなるようなモチーフを小紋で散りばめることで、作品の持つダークなイメージを打ち出している。

その他にも数多くの参加があった輸入痛車をまとめて紹介しよう。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!