autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2015 三菱電機、次世代運転支援技術を搭載したコンセプトカー『EMIRAI3 xDAS』を東京モーターショー2015に出展

東京モーターショー2015記事一覧。自動車の祭典、東京モーターショー2015の記事一覧です。東京モーターショー2015で注目された車種やカスタムカー、コンパニオン・キャンギャルなど東京モーターショー2015の華やかな雰囲気を楽しんでください!

モーターショー 2015/10/9 11:15

三菱電機、次世代運転支援技術を搭載したコンセプトカー『EMIRAI3 xDAS』を東京モーターショー2015に出展

Text:
EMIRAI3 xDAS
EMIRAI3 xDAS 車内インテリア

三菱電機は、10月29日(木)~11月8日(日)まで、東京ビッグサイトで開催される「第44回東京モーターショー」に、安全で快適な車社会を実現する次世代の運転支援技術を搭載したコンセプトカー『EMIRAI3 xDAS(イーミライスリーエックスダス)』を出展する。

同社は、前回(2013年)の東京モーターショーで「クルマが人に調和する」をコンセプトに開発した運転支援系コンセプトカー「EMIRAI2 xDAS」を公開。今回は、「Feelings come true(想いを叶える)」のテーマのもと、新開発のHMI(ヒューマンマシンインターフェース)技術・ドライバーセンシング技術・テレマティクス技術・灯火制御技術などさらに進化した運転支援機能を集約した次世代の運転支援系コンセプトカー『EMIRAI3 xDAS』を開発した。

最新のHMI技術には、速度メーター部およびセンターディスプレイ部に、複数の液晶パネルを貼り合わせた新開発の「マルチボンディングディスプレイ」搭載により、インテリアに調和するとともに高い視認性・操作性を実現しているほか、手元を見ない操作と重ね書き可能な手書き入力で操作中の視線移動を低減した「視線移動低減HMI」により、安全運転にも寄与している。

また、10m以上離れた位置を立体的に表示できる新開発の「3D-HUD(スリーディーヘッドアップディスプレイ)」により、運転の快適性や安全性を向上させるほか、ドアの開閉やHMI表示など車からの通知がウェアラブルデバイスの振動機能により、直感的にドライバーに伝わり、利便性が向上する。

ドライバーセンシング技術では、車内カメラや非接触の心拍検出装置により、ドライバーの運転状況を把握するほか、ドライバーの挙動から要望を予測し、安全運転支援や先読み支援を実現し、安全運転を支援する。

テレマティクス技術には、クラウドを活用するアプリケーション搭載により、収集データを利用し運転の状態に合わせた先読み提案を実現。ヒヤリハット地点の収集・情報共有により、安全で快適な運転支援する。そのほか、クラウド連携により、クルマの中から家電の電源オン・オフが可能となる。

灯火制御技術では、HIDコントロールユニット・LEDコントロールユニットの開発で蓄積した灯火制御技術を用いた路面ライティングにより、他車・歩行者に運転意図を通知し事故防止に貢献する。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

[PR] スペシャルスポンサーリンク

主要出展メーカー・ブランド