autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 DUNLOP LE MANS 4(ル・マン フォー)ロードインプレッション

DUNLOP

LE MANS 4(ル・マン フォー) ロードインプレッション

松田秀士がル・マン フォーのポテンシャルを分析

クルマの善し悪しはタイヤ次第と言っても過言ではない

DUNLOP LE MANS 4(ル・マン フォー) レーシングドライバーほどタイヤに神経質な人間はいない。どんなにレーシングマシンの性能が高くても、タイヤがダメだと良いラップタイムも結果も残らない。最後に路面とコンタクトしているのはタイヤだけなのだから。このことは、一般のクルマにとってもなにも変わらない。
つまり、クルマの善し悪しはタイヤ次第といっても過言ではないのだ。

そこで今回は、ダンロップのLE MANS 4を一般道、高速道路そしてワインディングでテストしてみようと思う。LE MANS 4はコンフォート系の低燃費タイヤ。そして、何よりもボクがタイヤを評価する上で一番重要視しているハンドリング性能を備えたタイヤだという。


  • DUNLOP LE MANS 4(ル・マン フォー)
  • DUNLOP LE MANS 4(ル・マン フォー)
  • DUNLOP LE MANS 4(ル・マン フォー)

Next-商品解説~世界初低燃費タイヤの解説~