マツダ ロードスター グレード構成&価格設定

記事・レポート 特集 特別企画 グレード構成&価格設定

マツダ「ロードスター」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 (5/5)

グレード構成&価格設定

グレード構成&価格設定

新型ロードスターは前述のように1.5リッターエンジンのみを搭載して、グレードは「S」「Sスペシャルパッケージ」「Sレザーパッケージ」を用意する。ルーフ形状はソフトトップだけだ。

旧型は2リッターエンジンを搭載し、モデル末期にはグレードを大幅に整理したが、ルーフ形状はソフトトップと電動開閉式のハードトップを選べた。新型になって選択肢が減っている。

価格は、新型「Sスペシャルパッケージ」の6速MT仕様が270万円。旧型「RS」の6速MT仕様も270万円で同額だった。

装備については、旧型「RS」はLSDに加えてビルシュタイン製ショックアブソーバーも採用していた。一方、新型には最廉価の「S」を除いて7インチWVGAセンターディスプレイが装着される。

装備を差し引きすると、新旧モデルの価格はほぼ同じ。2リッターから1.5リッターに排気量を縮小したこと、ボディをコンパクト化したことをマイナスと考えなければ、買い得感は同等になる。

進化度数: 1点 /10点(もう少し頑張りましょう)

旧型と比べて分かった新型の評価

初代ロードスターは1.6リッターで登場