autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 【編集企画】 日産エルグランド 上級ミニバン徹底比較! 総合評価

総合評価-編集企画 日産エルグランド 上級ミニバン徹底比較|車選びの総合支援 車の購入ならオートックワン

編集企画 日産エルグランド トヨタアルファード トヨタヴェルファイア 徹底比較

総合評価

日産 エルグランド広くて豪華な室内に加えて安心の運転感覚が魅力

エルグランドが搭載する直列4気筒の2.5リッターエンジンは、実用回転域の駆動力が高い。LLサイズのミニバンでありながら、登坂路でも動力性能の不足を感じない。4000回転を超えた領域の吹き上がりも活発で、追い越しも余裕を持って行える。

そして最も注目されるのが走行安定性だろう。背の高いLLサイズのミニバンとしては、操舵感を自然に仕上げた。ハンドルを切り込んだ時に反応の鈍さを感じさせず、舵角に応じて回り込む。また後輪は搭載されるマルチリンク式リアサスペンションがしっかりと踏ん張り、挙動の変化が穏やかに進むから安心感が高い。
この運転感覚は、同乗者の快適な乗り心地にも結び付く。カーブに入る時など、ボディがフラッと唐突に傾くことがないから、クルマ酔いも誘いにくい。

背の高いミニバンは、速度を高めて峠道などを走るクルマではないが、危険の回避を含めて走行安定性は重要だ。エルグランドは天井の高さを少し抑え、ボディ剛性と足まわりをていねいにセッティングすることで、安定性と乗り心地をバランス良く向上させた。このあたりも上質なセダンの走りを思わせる。
LLサイズのミニバンが広くて豪華なのは、今では常識だと思う。重要なのはクルマの本質ともいえる走行性能だ。エルグランドはシートのサポート性から運転感覚まで、安心と快適を高いレベルで両立させた。

トヨタ アルファード & トヨタ ヴェルファイア上質に仕上げた内装と快適な乗り心地が特徴

アルファード&ヴェルファイアの直列4気筒2.5リッターエンジンは、駆動力を直線的に上昇させて扱いやすい。動力性能はミニバンの平均水準だが、登坂路で力不足を感じることはないだろう。
現行型はリアサスペンションを従来のトーションビームによる車軸式から、ダブルウイッシュボーンの独立式へグレードアップさせた。高重心のミニバンとあって操舵感は少し鈍いが、後輪の接地性が高いために走行安定性は乱されにくい。

そして足まわりの見直しによって乗り心地も向上した。サスペンションの伸縮性が優れ、大きめの段差を乗り越えた時でも不快なショックが伝わりにくい。
このようにアルファード&ヴェルファイアは、快適な乗り心地と上質な室内空間により、多人数で長距離を移動する使い方が似合う。

総評

両車の性格を結論付ければ、エルグランドはLLサイズミニバンとしての快適性、日産とハイウェイスターの伝統によるスポーティーな走りの良さを併せ持つ。アルファード&ヴェルファイアはトヨタらしい上質感と快適性が特徴だ。
一見すると似た感じのLLサイズミニバンだが、クルマの持ち味はかなり違う。この背景には、メーカーのクルマ造りに対する考え方が大きく影響している。車種だけでなく、メーカーで選べるミニバンだ。LLサイズミニバンが欲しいなら、両車を乗り比べて、ご自分との相性を判断されると良いだろう。

Text:渡辺 陽一郎 Photo:原田 淳

クルマ選びの総合支援ポータル オートックワン

Sponsored by 日産自動車株式会社