autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 DUNLOP エナセーブRV504 ロードインプレッション THE MOVIE

ロードインプレッション エナセーブRV504

多くのミニバンユーザーの期待に応えるダンロップの「新生低燃費タイヤ」誕生!

昨今、「低燃費」というフレーズが目立つ各社タイヤライアンアップ。タイヤと路面との間に発生する摩擦を少しでも減らし、
そして転がり抵抗を軽減させる。今、常に求められ続けている「低燃費」という分野に対し、各社、涙ぐましい研究開発が行われていることはご承知の通り。
さて「低燃費」と言えば、軽自動車、コンパクトカーといった、いかにも軽量なスモールサイズの車種を連想しがちだが、現在の日本は大多数をミニバンが占める状態。そんなミニバンユーザーも「低燃費」へ対する期待と要求は年々高い次元へ移行しているのが現状だ。

斎藤聡の動画インプレッションにご注目!

ダンロップがこの度、エナセーブRV503★(スター)の後継モデルとして世に送り出したエナセーブRV504は、新たなるミニバン専用低燃費タイヤと銘打って新境地へ切り込んできた。低燃費だけを追い求めてもタイヤ本来のポテンシャルは進化をしない。そう考えて作られたダンロップの新生タイヤは、安全性は基本原則とし、いかに乗員へストレスを与えないようにするか、そして経済面からもサポートできるようにロングライフの追求といった観点からも容赦ない研究と技術が盛り込まれた。
今回はそんなダンロップエナセーブRV504を、タイヤに造詣の深いモータージャーナリストの斎藤聡氏が、フォルクスワーゲンのシャランで一般道、高速道路、ワインディング路といった3つのステージでテストを実施。7シーター且つミニバンの中でも特に重量級のシャランでは一体どんなことが見えてくるのか。早速動画でご覧いただこう。

Text:SATOSHI SAITO Photo:KIYOSHI WADA