日産 GT-R 「もっと苦労して、最終戦で勝てればヒーローになれる」

記事・レポート 特集 イベントレポート 「もっと苦労して、最終戦で勝てればヒーローになれる」

オーテックオーナーズグループ(AOG) 湘南里帰りミーティング2014 【松田 次生選手&AUTECHレースクイーン白渚 悠インタビュー編】 (4/4)

日産 GT-R 車種情報

Text :
Photo:
茂呂幸正
「もっと苦労して、最終戦で勝てればヒーローになれる」

暴風雨の中でもドライバーを守るレースクイーン魂

マリオ:白渚さんはレースクイーンのお仕事で一番大変だった瞬間は何ですか?

白渚さん :やっぱり台風の時でしたね。表彰台のときが暴風雨のマックスで、ドライバーさんを守らないといけないので、どう守ろうかと大変でした。傘をさすのも難しくて。

松田選手 :普段から、レースクイーンの方々には陽が当たらないように傘をさしてもらえるのは本当に助かります。今年は例年より夏でもあまり暑くなかったですが、タイは暑かった。その意味では、レースクイーンはただのマスコットじゃないんですよね。開幕戦と最終戦、春と秋は衣装がとても寒そうですけど。

マリオ:寒さ対策はどんなことをしてますか?

白渚さん :寒い時はカイロを入れてます。なので、露出部分以外は暖かいです(笑)でも、実は私はあまり暑さも寒さもに気にならないほうなんです。それより、やっぱりドライバーさんのほうがはるかに大変だしすごいと思っています。反射神経とか動体視力とか。あと横向きの重力、横Gに耐える身体はすごいですよね。

テレビで「GTプラス」を観て思ったんですけど、松田さんはどんなに緊迫した状況でも、ピットの人との無線の会話がすごく紳士的で尊敬します。

松田選手 :最近は、外国人のチームメイトが日本語で怒ることがよくあります(笑)。邪魔だよ!ありえないよ!とか(笑)

マリオ:ロニー・クインタレッリ選手は、本当に日本人みたいなイタリア人ですよね。

松田選手 :外国人ドライバーと組むことは多いけど、あんなに日本人っぽい外国人ドライバーは珍しいですね。時間にも正確だし。去年まで組んでた人はいつも時間に遅れるし、日本語がわかってても英語しか喋らない人でしたけど(笑)

全国のオーテック車オーナーさんへのメッセージ

マリオ:では、全国のオーテック車オーナーさんへのメッセージをお願いします!

松田選手 :オーテックジャパンがスポンサーをしてるのを考えると、オーテック車に乗って23号車を応援してくださる方々の声援は、本当に励みになります。僕たちは何で恩返しをするかといえば、結果で恩返しをさせていただくしかありません。

マリオ:今日のイベントでは、ユーザーさんから細かいことを聞かれたりしませんでしたか?

松田選手 :「タイ