autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 Pioneer楽ナビ モニター体験記 あなたの知らないカーナビの世界をご案内 レポートvol.01-02

モニター体験記Vol.1-02 - Pioneer楽ナビ あなたの知らないカーナビの世界をご案内 | 車選びの総合支援 車の購入ならオートックワン

モニター体験記Vol.1-02

斬新!エコなルート検索

大木 敦子さんお二人目の大木さんは何とクリエーター。取材日当日も個展の真っ最中とのことでその合間を縫ってのご取材に感謝です。

「今はクルマを所有していないのですが、実家のある栃木県では"一人一台"レベルを超えてまして(笑)。実家に戻った時はガンガン運転しています」とのこと。クルマに関しても「今やっている個展なども含めて、意外と大きめの荷物を載せるケースも多いですね。あと、住んでいるエリアは道路が結構細いので小回りの利く軽自動車やコンパクトカー、いいですねえ」と購入に関してはかなり前向き。
カーナビに関しては「あまりよくわかっていないんですが、昔勤めていた会社の社長のクルマで首都高に乗ったら、その先のランプで降ろされて、また次のランプで乗らされた(笑)」という苦い経験?もあるそうです。
「ナビは絶対欲しいですけど、最近のナビってどうなっているか全然わかっていない」という大木さんのためには楽ナビの「ルート探索」をメインに体験してもらいました。
「実家には将来はクルマで帰りたい。でも渋滞は気になるし、当然ガソリン代だって節約したい」と当然エコ意識も高い大木さん。「逆に高速代を使っても早く帰りたい時もあるので自分の好みに合わせて色々と提案してくれると嬉しいですけど」とのご意見。よくぞ言ってくれました!いやあ嬉しいなあ、こちらが言う前にドンズバのハマり具合(笑)。
それでは早速「ルート探索」を体感してもらいましょう。楽ナビには時間、距離、料金、そして燃費などを考慮し最大6つのルートを探索して提案してくれるのですが、そこに「プラスα」の機能を持たせてあります。
それが「ルート再探索」機能。正直言えば通常提案してくれるルートで十分なのですが、楽ナビにはルート探索時に「推奨」「エコ優先」「幹線優先」の探索基準からさらにエコなルートを提案できるエクストラモードである「エコブースト機能」が搭載されているのです。
実はこのモードを含めた再探索機能は伝道師もかなり気に入って使っております。一応、仕事柄クルマでの移動が多いので、まず仕事先に向かう「往路」ではとにかく早く着きたい一心で(笑)「タイムブースト」を使います。逆に「帰路」は時間の制約もあまりないのでガソリンを消費しない「エコブースト」を使い、のーんびりエコドライブを楽しんでおります。
早速、大木さんにはこれを使ってご実家近くにあるJRの駅までルート探索。さらにエコブースト機能を使って出てきたルートを見て大木さん「あーこういうルートあるんですねえ。結構道はわかっているけど、かなり斬新(笑)。あとこんなにエコできるのがわかるのは嬉しいです」と今のカーナビの進化にちょっと驚いた様子です。「これだけ節約できるなら一般道で走れば今まで高速道路を使って1回しか帰れなかったのが2回帰れるかもしれないですね。あと渋滞を回避してくれるルートを案内してくれるのは凄い。あのトラウマ(前述)から開放されるかもしません(取材陣一同大爆笑)」
最後に意外と言っては失礼ですが、大木さんがハマったのが「音声認識機能」。
実は目的地の検索もこの「フリーワード音声検索機能」で行ってもらったのですが「これは便利!要は画面に触らなくても場所が探せるわけですよね。運転中のストレスかなり軽減されますよ」と嬉しいお言葉。
大木さん、ぜひクルマを買って素敵なカーライフを送ってください。あ、その際は楽ナビも忘れずにね、って言ったら「OK!」とこと。ありがとうございました。