autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 ダンロップWINTERMAXX SV01 北海道インプレッション page01

dunlop

オートックワン特別企画試乗インプレッション ブレーキ パイロン

  • トップ
  • Inpression ブレーキ/パイロン
  • Inpression 周回路/高速走行/一般道

ダンロップでは、最新技術を搭載することで性能アップを図るのはもちろんだが、プロが乗って走りやすく、使いやすいスタッドレスタイヤをつくることに注力した開発がおこなわれた。その意気込み、あるいはその自信は、北海道という地で試乗させてくれたことでもうかがい知れる。実際その印象も、正直なところ想像以上だった。

ムービーインプレッションPart1

例えば氷盤路でのスラロームやブレーキ。北海道の市街地では、ブラックアイスの出現が各所で報告されており、商用車にとっても氷上性能は、最重要視される性能だ。
氷盤路を走らせてみると、先代モデルに比べ明らかに一回り以上高いグリップがあるのがわかる。接地面積の拡大が大きな要因になっているのだと思うが、そのほかにもMAXXシャープエッジはサイプの溝幅だけでなく、サイプ数自体も増しておりエッジ成分が増大している。これこそが氷の路面に爪を立てるような高いグリップ感を作り出しているのだ。
ヒタッとした氷の路面をホールドしながら、ハンドルを切り出した時のエッジの効き具合、発進するためにアクセルを踏み込んだ時の蹴り出し感、タイヤが軽く空転を始めた瞬間時の引っ掻き感など、面で氷をホールドしながらエッジを効かせてグリップを高めているような感触がある。
感心するのは、そうした様子がドライバーに伝わりやすいことだ。冬道を走り慣れたプロにとってもにインフォメーション性の良さや、グリップ性能のレベルアップは大きな助けになるはずだ。

設置面積が拡大し、接地圧の分布を適正化することで摩耗を抑制。

イメージ画像1
イメージ画像2
イメージ画像3
イメージ画像4