autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 誰よりも早く新商品を触ってみたい!そんな夢が叶うイベント「カロッツェリア エクスペリエンス 2014」レポート

イベントレポート 2014/10/9 09:24

誰よりも早く新商品を触ってみたい!そんな夢が叶うイベント「カロッツェリア エクスペリエンス 2014」レポート

誰よりも早く新商品を触ってみたい!そんな夢が叶うイベント「カロッツェリア エクスペリエンス 2014」レポート
10月8日(水)、東京 目黒の「目黒雅叙園」にて「カロッツェリア エクスペリエンス 2014」が開催された

10月8日(水)、パイオニア株式会社は同社のカーナビ・カーAVブランド「カロッツェリア」において、発表された当日に最新の商品を実際に見て、触れて、体感することの出来るイベント「カロッツェリア エクスペリエンス2014」を、10月8日(水)19:00~21:00に東京目黒の「目黒雅叙園」にて開催した。

新製品の発表当日に一般のお客様が触れられる機会を設けたのは、パイオニアでは初の試みとなる。

楽ナビへ搭載された新インターフェイス「スマートコマンダー」
「カロッツェリア エクスペリエンス 2014」にて「カロッツェリア エクスペリエンス 2014」に展示されていたパイオニアのデモカー

8日、パイオニアでは同社の「楽ナビ」シリーズに「スマートコマンダー」と呼ばれる新しいユーザーインターフェイスを搭載したことを発表したが、同日の「カロッツェリアエクスペリエンス2014」では早くもスマートコマンダーを搭載した最新の楽ナビを試すことが出来た。

スマートコマンダー搭載機種の発売は11月上旬頃が予定されているため、量販店に並ぶのもその時期。従来ならば、発表から実際の店頭に並ぶまで待たなければならないところ、その1ヶ月も前に触れて試すことが出来るのは、ナビの買い替えを検討している方にとっては実に朗報ではないだろうか。

また、同イベントでは最新機種を搭載したレンジローバーイヴォークやスバルレヴォーグなど数々の車両が展示されており、実際に乗り込んで触ることが出来るほか、質問があればすぐに応えてくれるカロッツェリアスタッフが、何人も常駐している。さらに、ウェルカムドリンクや軽食の用意もあり、アンケートに答えればオリジナルグッズまでプレゼントされるという。そして事前登録の必要はなく入場も無料と、まさに来場者にとっては「至れり尽くせり」なイベントだ。

パイオニア販売株式会社 マーケティング部 プロモーション課 課長の中山 元氏

なぜ今回、ここまで大規模かつユーザーフレンドリーな新商品イベントが開かれたのか。その目的について、パイオニア販売株式会社 マーケティング部 プロモーション課 課長の中山 元氏は、

「量販店様や流通店様はもちろん大事なのですが、同時にエンドユーザー様と直接繋がるということ、新製品に対する声を“直接聞いてみたい”ということが目的の一つです。それも、インターネットのような仮想ではなくて、こういったライブでの体験を通じて繋がってみたい。ですので、このイベントで実際に商品を販売するようなことは、全くありません」と、お客様からの声を直接聞くことの重要性が、今回のイベントへと繋がっていることを語って頂いた。

「カロッツェリア エクスペリエンス 2014」にて
「カロッツェリア エクスペリエンス 2014」にて
「カロッツェリア エクスペリエンス 2014」にて(左)学生カーソムリエの「磯田薫」さん/(右)学生カーソムリエの「藏人脩平」さん

今回、来場人数については確かな数値の集計ではないものの、1時間と少しを超えたあたりで、少なくとも200人を超える来場があった模様。

写真でもお分かりの通り、会場内はまるで東京モーターショーの1ブースにいるかのような混雑ぶりで、来場者とカロッツェリアスタッフが実に熱心な会話を交わしている姿が印象的であった。

今回、オートックワンからは一般ユーザー代表として、学生カーソムリエ2名がイベントに参加。その感想について以下に記載したい。

学生カーソムリエ「藏人 脩平」さん

「カロッツェリア エクスペリエンス 2014」にて

本日は、パイオニア・カロッツェリアの体験会「カロッツェリア・エクスペリエンス2014」に赴き、目黒区の雅叙園で行うということや、数々の展示車両を拝見して同社の新製品に対する意気込みが感じられました。

私もいくつかの展示車両に乗せていただきましたが、私個人として気になったのは「楽ナビ」の新商品です。

というのも私の自宅のクルマにはメーカーオプションとして「楽ナビ」が装着されているので、新しく搭載される「スマートコマンダー」に注目しており、今まで車を止めてからでないと中々カーナビの操作ができなかったのに対し、走行中にさほど手元を意識せずに画面をタッチしないで操作できるのは(リモコンと言われてしまえばそれまでですが)走行中に必要な情報や使いそうな選択肢のみが与えられていて、その内容を使うように仕向けてあるのは操作の煩わしさを低減させるのに最適と感じました。

ただ、その表示の中で良く行くランキングといった内容が表示されるのですが、私は良く道に迷ったりして近くの駅やコンビニなど目立つ建物など、その土地の周辺情報が欲しい場合が多々あるので、そちらの機能を追加してほしいと感じました。

学生カーソムリエ「磯田 薫」さん

「カロッツェリア エクスペリエンス 2014」にて

新モデルとなった楽ナビは、非常に操作性の高いモデルになっていました。

目玉機能の「スマートコマンダー」と呼ばれるリモコンは、操作できる機能をあえて絞った結果、直感的に操作をすることが可能となっています。

しかも、画面に表示されている情報に応じてリモコンで操作できる機能が変わるので、その時々に必要な操作を確実に行うことが出来ます。

一部のボタンにはユーザーの設定した機能を割り振ることが出来るので、ユーザーが自分でカスタマイズすれば、使いたい機能が無くて困ることもありません。

またボタンやダイヤルの感触も良く、ナビ自体のレスポンスも早かったので、気持ち良く操作できそうだと感じました。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!