autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 MINI SERVICE AWARENESS CAMPAIGN ~安心のアフターサービスプログラム~ page2

MINI SERVICE AWARENESS CAMPAIN

テクニカルマネージャー インタビュー編
酒井さんのお仕事の内容を教えてください。

酒井:サービスフロントと言えば良いでしょうか。クルマが入庫してきたとき、症状をお客様からお聞きして、その場でチェックするか、クルマを預かったほうが良いかなどをアドバイスする仕事です。医者に例えれば問診に近い事を行います。

テクニカルマネージャー 酒井氏
メンテナンスを受けるにはどうすれば良いのですか?

酒井:お電話でご予約を受け付けています。ご予約専用の電話回線がありますので、お待たせすることはないでしょう。ご予約してからご来店する方が7割ぐらいです。定期点検についてはご郵送でお知らせしているので、その情報を受け取ってお電話を頂く方が多いですね。お電話では、過去のディーラー入庫の有無をはじめ、車体番号や所有年数などのデータを、症状とともにお尋ねします。時間が掛かりそうな場合は事前にご説明をいたしますし、部品をあらかじめご用意しておけば短い時間でご迷惑をおかけせずに作業が完了します。

テクニカルマネージャー酒井氏とインタビュアー森口氏
ディーラーは整備時間が掛かるという声もありますが…

酒井:法定点検だけなら、朝お預りして、夕方にはお返しできます。走行距離が多く、部品の交換が必要とされるクルマについてはお見積もりをお出しし、状況に応じてお預かりする形を取っています。消耗部品はワイパー、フィルター、ブレーキパッドなどは店内に在庫しており、それ以外の部品もパーツセンターから翌日には届くようになっています。これは全国どこのMINIディーラーでも共通です。費用についてもほぼ同じです。ロングドライブにひんぱんに出かける方は安心のネットワークではないでしょうか。さらに一度でもディーラーでメンテナンスをお受頂ければ、車両のデータが記憶されるので、こちらからリコールなどのご案内ができるようになるというメリットもあります。

社外部品を装着しているクルマでもメンテナンスは受けられますか?

酒井:保安基準に適合していれば交換しないという方針を取っています。ただし同時に、純正部品ならではの耐久性の高さについてもご説明するようにしています。レース用パーツを装着しているクルマをたまにお見かけしますが、レースは限られた時間内で最高の性能を出す場であり、そのために開発された部品もまた、高性能を発揮できる時間は限られています。その点をきちんとご説明し、長期間安心して乗って頂けるカーライフを奨励しています。エンジンオイルもメーカーでテストした銘柄を使用しています。交換時期は2年あるいは2.5万㎞で、価格は1ℓ2200〜2500円です。

MINI SPECIAL TOOL
具体的にメンテナンスで注意している部分はありますか?

酒井:ブッシュの劣化が挙げられます。MINIのブッシュは初代から、内部にオイルを封入していて、ゴムが割れると流れ出てしまうのです。エンジンマウントも同じ構造です。しかし時間が経つと乾いてしまうし、ひび割れも見えにくいので判別しにくいのです。たぶん車検は通過できるでしょう。しかし放っておくとボディなどにダメージが及ぶ可能性があります。車両を持ち上げて経験豊富なメカニックに見てもらって初めて分かる症状なのです。

MINI世田谷 メンテナンス
ディーラーは敷居が高いという声もありますが…

酒井:そんなことは全然ありません。フロント、メカニック、セールスなど、業種ごとにスタッフを分けているので、やや事務的に見えるのかもしれません。ただ私たちも、なるべく多くのお客様に来て頂けるよう、バッテリーやボディコーティングを割引価格でご提供するなどの期間限定キャンペーンを行っていますので、まずはその時期に合わせてお気軽に足を運んで頂きたいと思っています。

MINIショールームではハイトーンなテーマのアパレルも展開されている
 MINIブルドッグ(通称 スパイク君)
MINI世田谷 外観

あなたもぜひMINIならではの安心安全を手に入れよう!!

安全はお金で買うものという昔の人の言い伝えを思い出した。エレクトロニクスを駆使したツールを用い、耐久性に優れた純正品を使い、綿密なトレーニングを受けたメカニックの手で整備や修理が行われるのだから、費用がやや高く見えるのは当然だ。でもその代わり、ユーザーはこのうえない安心快適を手にできる。プレミアムコンパクトとして生まれたMINIだからこそ、正規ディーラーならではの質の高いメンテナンスを受けることが、MINIらしさを満喫する近道ではないかと感じたのだった。

  • アフターセールス・マネージャー インタビュー編
  •  テクニカルマネージャー インタビュー編
  • プレゼント企画

TEXT:MASAYUKI MORIGUCHIPHOTO:EIJI SHIMAMURA