autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 Panasonic Strada これぞカーナビゲーション最高峰の極意! ~Stradaが誇る「映像」と「音響」技術に石田功が迫る~ page1

Panasonic Strada R500 series SPECIAL CONTENTS

DVDドライブからの映像も、
くっきりあざやか鮮明!!

その緻密な映像をより高画質で再生するための技術も充実している。ストラーダの上位機種「Rシリーズ」は、表面がクリアパネルの静電式タッチパネル・ディスプレイを採用。表面がガラスだからフラットで、感圧式タッチパネルのように間に空気の層が無いから、バックライトの透過率が高いし、外光の乱反射も抑えられる。そのバックライトは、輝度が高い白色のLEDを採用。日中の車内でも明るくメリハリの強い、くっきりとした映像を再現する。また光拡散フィルムや高濃度カラーフィルターも採用し、運転席や助手席で、画面を斜めから見るスタイルでも見やすいし、色再現性も大幅に向上した。

またホワイトバランスの調整にもこだわった。とくに力を入れたのが、繊細なホワイトバランスや色温度の調整が必要な肌色の自然な再生。使用環境が車内であることを考慮し、青みを強調することで自然な肌色を実現したという。

自宅のブルーレイ/DVDレコーダーや液晶TVがパナソニック製なら、録画したTV番組をSDメモリーカードにコピーしてストラーダで再生できる番組持ち出し再生にも対応。HDMI入力を装備しているので、ビデオカメラで撮ったハイビジョン動画やスマートフォンの画像も、カーナビの画面で高画質で楽しめる。ストラーダには映像の入り口から出口まで、パナソニックの高画質技術が活きているのだ。

静電気タッチパネル・遺伝圧タッチパネル
ホワイトバランス
バックライト