autoc-one.jp 記事・レポート 特集 テーマ別 勝手にBEST10 迷わず行けよ乗れば分かるさSUV ~時にアクティブ、時にアーバンのオールマイティなヤツら~ detail0708

  • Volkswagen CrossPolo01
  • Volkswagen CrossPolo02
  • Volkswagen CrossPolo03
  • Volkswagen CrossPolo04
  • Volkswagen CrossPolo05
Volkswagen CrossPolo06Volkswagen CrossPolo07

フォルクスワーゲン・クロスポロ

人気の輸入コンパクトにSUVの良さをプラス 価格:264.00万円

おすすめしちゃう理由

クロスポロは、フォルクスワーゲンの人気コンパクトカーである『ポロ』をベースに、SUVテイストを与えたクロスオーバーモデル。高められた車高やシルバーカラーのルーフレール、バンパーからフェンダーへと繋がりボディを取り囲む黒い樹脂製のプロテクター、17インチの大径ホイールが力強さを感じさせ、オリジナルのポロ以上にアクティブなライフスタイルを想像させてくれる。ボディカラーとのコンビネーションが図られた専用のインテリアも個性的で、専用色のマグマオレンジをチョイスすれば、トリムやシートにオレンジがあしらわれ、一段と華やかなインテリアへと昇華。搭載されるエンジンは、ベース車と共通の直列4気筒1.2Lの直噴ターボのみの設定。高効率な7段の2ペダルMT(DSG)との組み合わせにより、燃費は18.8km/L(JC08モード)をマークしている。最低地上高は15mm、全高は45mmほど高められているが、それでも全高は1520mmに納まり、多くの立体駐車場に難なく駐車可能だ。また、最小回転半径は4.9mと、ベースとなったポロと同じ数値。ポロが持つ優れた取り回し性も、もちろん健在なのが強みだ。

>このクルマについてもっと知りたい人はコチラ

>SUV SPECIAL BEST10 全車実力通信簿>見る



  • Renault CAPTUR01
  • Renault CAPTUR02
  • Renault CAPTUR03
  • Renault CAPTUR04
  • Renault CAPTUR05
Renault CAPTUR06Renault CAPTUR07

ルノー・キャプチャー

冒険心に溢れる都会派クロスオーバー 価格:249.80〜259.80万円

おすすめしちゃう理由

いま欧州で人気が急上昇中なのが、ニッサン・ジュークが火をつけた「コンパクトサイズのクロスオーバー」ジャンル。その大本命として登場したのが、ルノーのキャプチャーだ。ベースはコンパクトハッチのルーテシアだが、クロスポロやミニクロスオーバーなどのベース車両の面影が強いスタイリングではなく、コンセプトカーさながらの大胆なエクステリアデザインが与えられているのが、最大の特徴となっている。同車のテーマは『冒険』とされ、SUVライクなキャラクター的にも近未来を感じさせるスタイリングにも、そして飛行機の翼を模したというインパネを備えるインテリアにも、冒険心が満ち溢れている。目新しいのが、上級グレードのインテリアに標準装備されるジップシートクロス。これは表皮が着脱可能で、洗濯することや別売りの異なるデザインの表皮に交換できるという、オシャレな発想。パワートレーンは、ルーテシア譲りの直列4気筒1.2L直噴ターボと6段タイプのDCTの組み合わせ。大胆でグラマラスなルックスといい、交換可能なシート表皮といい、オフロードよりも都会の洗練された街並みに似合うクルマと言えるだろう。よって駆動方式はFFのみの設定なのも納得できる。

>このクルマについてもっと知りたい人はコチラ

>SUV SPECIAL BEST10 全車実力通信簿>見る