autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 TOYOTIRES「しっかり」走る、3つのトランパス誕生。 page02

TOYO TIRES driven to perform

  • TRANPATH mpZ
  • TRANPATH LuK
  • TRANPATH Lu2
  • TOP
  • TRANPATH mpZ
  • TRANPATH LuK
  • TRANPATH Lu2
  • 総合評価
  • GALLERY

  • TRANPATH mpZ
  • TRANPATH LuK
  • TRANPATH Lu2

TRANPATH LuK

MOVIE

これが注目の自動車専用タイヤ

重量が大きく背が高いクルマの人気は、ミニバンやSUVだけに留まらず軽自動車にも広まった。ワゴンRやムーヴなどのハイトワゴンと呼ばれる軽自動車の人気が高くなってすでに久しいが、2003年にダイハツ・タントが登場してからハイトワゴンよりもさらに背が高いスタイルの軽自動車が急増。狭い横幅に背の高いボディで見るからに不安定な上、両側スライドドアの採用などで車重は1トンに迫るほど重く、高速走行時には横風にたいへん弱くなる。
背の高い軽自動車は偏摩耗を起こすことが多いという結果からも、重心高や重量増が走行安定性に与える影響は、大型ミニバン並みかそれ以上に大きなものがあるといえる。それでも軽自動車のユーザーは経済性を第一に重視する傾向が強いため、高性能が奢られた専用開発のタイヤの販売は難しいとされてきた。

  • 大人気のトールワゴンホンダ N-BOXでインプレッション

  • 近年車重が増加した軽自動車もLuKがしっかり支えます。

  • 軽自動車ユーザーの多くは”経済性”を重視!!トランパスLuKはその点もしっかり考えています。

しかし、そんな事態を打開したのがトーヨータイヤだ。初の本格派の軽自動車専用タイヤとしてトランパスLuKをリリース。トランパスシリーズで長年培った重心の高いミニバンのフラつきを抑えるためのノウハウを最新の背の高い軽自動車に応用。mpZと同じく、スーパーハイアップターン構造の採用とワイドトレッド化により、トランパスの最新モデルに共通する「縦にしっかり横にしなやか」な乗り味が軽自動車でも味わえるようになった。

主な商品特長

背高軽の潮流にも”しっかり対応”驚きのプレミアム性とは!?

また、LuKは軽自動車専用タイヤでありながら、プレミアム性を重視した点にも注目だ。トレッドパターンやブロックの配合を工夫することで剛性をアップ。しっかり感を出しながらも路面への当りをマイルドにし、同時にパターンノイズも減少。コーナリング時に大きな荷重がかかるタイヤ外側の剛性が高いことで片減りしにくく、摩耗は均一に進むためロングライフを実現するなど、現代の軽自動車に求められるすべての要求項目を高い次元で満たしている。

  • <トランパスLuK>レーンチェンジ時の挙動変化比較図

  • トレッドパターンやブロックの配合を工夫することで剛性をアップ

  • 非対称3本溝パターン&ワイドトレッド

テストを実施した飯田裕子氏は、最新のトランパスシリーズの中で、個人的にもっとも関心が強いのは軽自動車用のLuKであると語る。 「軽自動車用のタイヤにも乗用車と同じレベルの性能と品質を追求した姿勢に感銘を受けていたので、Lukの試乗は本当に楽しみ。期待通り、背が高い最近の軽自動車特有のフラつき感が劇的に減少している。N BOX+は比較的ボディやシャシーがしっかりしているので、その分タイヤにかかる負担が大きいといえるが、高速走行時やコーナリング時にタイヤが負けているような印象が拭えなかった。しかし、LuKを履くと踏ん張り感が強く、高速でレーンチェンジを繰り返しても不安はない」と、LuKの性能に深く納得する表情を浮かべていた。

大型ミニバンと違い、軽自動車は横滑り防止装置などのハイテク安全デバイスの装着率が低いため、タイヤで安全性を向上させる意味は、普通車以上に大きいといえるかも知れない。

  • トランパスLuKをインプレッション中の飯田裕子

  • 高速道路やワインディング路のコーナーリング時にタイヤが負けているような印象はない。

  • フラつき感は激的に減少!!

  • TOP
  • TRANPATH mpZ
  • TRANPATH LuK
  • TRANPATH Lu2
  • 総合評価
  • GALLERY

IMPRESSION:YUKO IIDA PHOTO:EIJI SHIMAMURA LOCATION:ブリストルヒル ゴルフクラブ http://www.bristol-hill.com/