autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 iceGUARD5 Interview Special Contents tenpo3



ナットの締めすぎは禁物!!プロによる適正トルク締め付けが重要!!

藤島 知子氏
インタビュアー

せっかくのスタッドレスタイヤ、永いライフを保つための保管の仕方などありますでしょうか?

田中 佑氏
タイヤガーデン三条

冬が終わり夏タイヤへ履き替えたら、スタッドレスタイヤを洗って保管することで長持ちします。そのまま放置が一番良くありませんね。あとは直射日光も良くないので、夏はカバーかけてできるだけ低温低湿な場所に保管するようにしていただきたいです。特にタイヤカバーは効果があります。
当店では、スタッドレスタイヤをご購入いただいたお客様には、有償で夏タイヤの預かりサービスも行っています。ワンシーズンお好きなタイミングで預からせて頂きます。

藤島 知子氏
インタビュアー

スタッドレスアドバイザーは、具体的にはどんな提案を頂けるのでしょうか?

田中 佑氏
タイヤガーデン三条

車種やライフスタイルにピッタリのタイヤを提案しております。独自の研修を受けたアドバイザーであり、YOKOHAMAのスタッドレスタイヤ全般について詳しい説明が可能です。他社製品も含め、日々勉強を欠かしません。
まず走行される距離をお聞きします。距離が少ない場合には年数が経っていても溝が減りは少ないかもしれませんが、溝の減り以上にゴムが劣化している可能性がありますから、そういった場合は交換をおすすめしています。降雪地域では様々な路面コンディションに遭遇すると思うので、幅広い路面に対応できるようにしています。

藤島 知子氏
インタビュアー

お客様がスタッドレスタイヤを選ぶ際、どんなポイントに着目して欲しいですか?

田中 佑氏
タイヤガーデン三条

やはりトレッドパターンですね。左右非対称パターンなので適応範囲がより幅広くなっています。ゴムのしなやかさは手で触っても実感できますね。しなやかだと氷と密着しやすいのです。

藤島 知子氏
インタビュアー

タイヤ購入後のアフターケアについてはいかがでしょう?

田中 佑氏
タイヤガーデン三条

まず、新しいタイヤを装着したら慣らし走行で100kmほど走って頂き、空気圧チェックやナットの増し締めなどをして頂くのが良いでしょう。ホイールのナットは止まっている状態できちんと締めても、ある程度走行すると緩んでしまうことがありますので、馴染んだ状態で増し締めするとより安心です。 慣れている方はご自身でも行えますが、ナットを締めるにも適正トルクがありますのでご来店頂いて点検をご依頼頂くのがベターです。まれに、お客様にて締め過ぎてしまい、ボルトがダメになっている場合も見受けられますから。

藤島 知子氏
インタビュアー

ホイールナットにも適性トルク値があるなど、実は奥が深いのですね。プロに任せておいた方が安心感は大きいですね。 ところでサイズ選びは、夏タイヤのサイズと同じで良いのですよね?

田中 佑氏
タイヤガーデン三条

そのクルマの純正サイズをお選びいただくのがベストです。

藤島 知子氏
インタビュアー

タイヤアドバイザーとして、コレだけは守って欲しい、気を付けて欲しいという点は?

田中 佑氏
タイヤガーデン三条

スタッドレスを履き替える前に、少しでも「このスタッドレスは今年、大丈夫だろうか?」と感じたら、そのまま履かずにまずは来ていただいて点検を。見た目は平気でも劣化している可能性がありますので。当店では、無料点検を実施しています。

藤島 知子氏
インタビュアー

最後に、スタッドレスタイヤの購入を迷っている方へのアドバイスをお願いします。

田中 佑氏
タイヤガーデン三条

少しでも悩んでいたり、不安に思うことがあれば、お気軽にご来店ください。お客様に最適なタイヤをお選びさし上げますので。無料点検は、タイヤのご購入に関係なく(もちろん他銘タイヤユーザーも)大歓迎です。

ガーディーくん
タイヤガーデン三条 ご来店特別プレゼント

タイヤガーデン三条へご来店いただいたお客様先着10名様へ タイヤガーデンキャラクター「ガーディーくん」のエコバックをプレゼント!みなさんぜひお急ぎください!