autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 DUNLOP WINTER MAXX SJ8 SPECIAL CONTENTS page01

WINTER MAXX SJ8って何!?

- 北海道の冬路面からリアルレポートをお届け! -

この秋、ダンロップからSUV用の新作スタッドレスタイヤ
「WINTER MAXX(ウインターマックス)SJ8」が発売になりました。

これは同社の従来のSUV用スタッドレスタイヤ「グラントレックSJ7」がフルモデルチェンジを受けたもので、昨シーズンに発売され、ダンロップ史上もっとも高い氷上性能を極めたことで多くのユーザーから大好評を博した新世代スタッドレスタイヤ「WINTER MAXX」の理論と技術が採用されています。

昨年販売された「WINTER MAXX」は、クルマメディアなどの玄人筋から評価が高かったこと以上に、実際に購入したユーザーから絶賛の声が飛び交ったことが印象的でした。

結路や圧雪、シャーベット状やドライなど、日本の冬の一般道で起こりうる様々な路面のすべてに極めて高い次元で対応し、ドライバーに絶大な安心感をもたらしたことが、ユーザーから強く支持される要因となりました。

今回、ダンロップはSUVユーザーの声を幅広く収集し、SUVユーザーがスタッドレスタイヤに求める性能を分析。

最低地上高に余裕があり、高性能な4WDシステムを搭載するSUVのユーザーは、普通の乗用車では走れない新雪や圧雪路面でのグリップ力と、重量が大きく重心が高い SUVでも安心して巡航できる高速性能を重視していることがわかり、「WINTER MAXX(ウインターマックス) SJ8」はその部分を徹底的に煮つめてSUVに最適なチューニングが施されました。

「WINTER MAXX(ウインターマックス)SJ8」には、乗用車向け「WINTER MAXX」でも成功を収めたダンロップの最先端テクノロジーである「MAXXシャープエッジ」と「ナノフィットゴム」を採用。これに加え、前述したSUVユーザーの要望に応えるべく開発した「SUV専用パターン」が採用されています。