ミニ ミニ デザインワークショップ「ミニデザイン@ホーム」イベントレポート/竹岡圭

記事・レポート 特集 イベントレポート ミニ デザインワークショップ「ミニデザイン@ホーム」イベントレポート/竹岡圭

ミニ デザインワークショップ「ミニデザイン@ホーム」イベントレポート/竹岡圭 (1/2)

ミニ デザインワークショップ「ミニデザイン@ホーム」イベントレポート/竹岡圭

3チームが混ざり合って仕事をしているというのが特徴

いよいよ3代目ミニが登場する!(らしい)。

そろそろかな~と予想はしていたのですが、どうも噂によると、2013年中に、ミニは3代目へとフルモデルチェンジするらしいんです。BMW MINIになってから、初代R50、2代目R56と2台のハッチバックを愛車として乗り継いできた私としては、これはもうどうしても気になるんですよね。それに大ヒットモデルの後に、また大ヒットモデルを作るのって本当に難しいと思うんですが、ミニブランドのモデルはすべて好調な売れ行きを見せています。この秘密を一度伺ってみたいと思っていたんです。

そんな折、ミニのデザインワークショップ「ミニデザイン@ホーム」が、ミュンヘンのBMW開発センター内にあるミニのデザインスタジオで開かれるということで、一路ミュンヘンまで飛んできちゃいました。

訪れたのはビルの屋上。その屋上は開閉可能な屋根がついており、まるで小さな有明コロシアムのような感じ。その屋上にあるドアを開けると、そこはドーンと広がったオープンスペース。最近では仕切りのない職場が流行っていますが、このスタジオもまさにそう。2フロアほどをデザインスタジオが占めているのですが、上の階も完全なオープンスペースになっていました。

この広いスペースをエクステリア、インテリア、カラーマテリアルの3つのチームが使っているのですが、この3チームが部門別に島になるのではなく、混ざり合って仕事をしているというのが特徴のひとつなんです。つまりディスカッションがしょっちゅう行われているということなんですよね。

最新を突っ走るミニが、人の手でアナログに作られている!?

さて、これらチームがまず最初に行うのはスケッチではなく、ミニのインスピレーションを集めてボードに貼り出し、どういう方向にするのかをディスカッションすることだそう。「真面目さと遊び心をちょうどよく」というのが、デザインチームのコンセプトだそうですが、ビックリしたのは結構アナログな方式が取られていること。

インスピレーションに貼り出すのも紙ならば、最初にスケッチを行うのも紙。クルマのプロポーションを決めるのは紙テープを使ったテープドローイングと、アナログ式手作業が本当に多いんですよ。もちろんそこから先は大型タブレットを使ったりするそうですが、あの最新を突っ走るミニが、こうやって人の手でアナログに作られているというのが面白かったです。

  1. Page1 ミニ デザインワークショップ「ミニデザイン@ホーム」イベントレポート/竹岡圭
  2. Page2 製作過程にも遊び心

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

ミニの関連記事

s/comm781614el_g alt="新たにハイブリッドモデルも追加された、新型MINI クロスオーバー(F60)が遂に登場s/comm774898el_launch.gif" width="70" > s="t㓸ャマン>BMW