autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 Panasonic Strada CN-R500WD-D ROAD IMPRESSION -これぞ「安心」「安全」ナビ!- page02

スマホ感覚で安心!静電パネルで直感的な指先操作が可能に

スマホに慣れた現代人に嬉しいのが、画面をじっと見なくても感覚的な操作でナビを使いこなせる「モーションコントロール」機能。
地図の同じ場所をトントン!と1本指でダブルタップすると縮尺が詳細に。反対に2本指で1度タッチすれば縮尺を広域にすることができる。さらにスマホの画面拡大や縮小のように、なぞるように指を動かす「ピンチアウト」や「ピンチイン」といった動作でも地図の縮尺変更ができる。

そしてロングドライブに嬉しいのは

スマホの操作感覚でかつ画面を注視することなく、より安全に操作できること。曲の頭出しやスキップ、ボリューム調整や地デジチャンネルの変更などのよく使う機能は、オーディオフリックで前を見たまま操作できる。地図を表示したままでも、指で画面を右になぞればトラックアップ、左になぞればトラックダウン。

上下になぞれば、ボリューム調整ができる。さらに地図画面の上部から引き出すように指をスワイプインさせると、画面右に渋滞情報が表示されるのも便利。同じように、右からスワイプインさせるとオーディオ操作画面に、左からスワイプインすれば地デジ画面へと切り替えることもできる。

画面を注視することが少ないのでストレスも少ない。

よく女性は地図を読めないと言われるけれど

私もその一人。最新ナビのおかげで簡単に軽井沢に着けたものの、土地勘がないところでは、ナビを使っていても迷うかもしれないという心配が心にフツフツと湧いてくる。
そんなとき、ナビで案内された交差点付近の情報を事前に知っておけば安心。幹線道路から「星のや」に向かって曲がる表示のある交差点の付近をトントンと画面をダブルタップすれば、地図か拡大されて交差点付近にあるガソリンスタンドや交番などのランドマークが表示される。
知らない土地に行くと、普段より頻繁にナビ操作をすることになるけれど、これなら前を見ながら操作できるので二重に安心。ずばりオススメです。