autoc-one.jp 記事・レポート 特集 テーマ別 勝手にBEST10 ワケありからワザありKワゴンSPECIAL ~進化を続ける日本独自の軽ワゴンたち~ score02

自称辛口評論家・渡辺陽一郎
自称辛口評論家
渡辺陽一郎
ランエボもそうだがメーカー系カスタムには定評のあるミツビシだけに、カスタムっぽさを上手にまとめた印象を受ける。男性が喜ぶデザインだ。 ノーマルのeKワゴンと共通部分も多いが、タコメーターが追加されたり、シート生地が変わるだけでグッと高級感が増した。これなら欲しい。 NAエンジンは燃費性能は秀逸だが、通常ではパワー不足。やはりカスタムの名に恥じない走りには、ターボを選択したくなる。

燃費性能こそNAには及ばないが、力強いターボエンジンは日常の走行がかえってスムーズな印象。あと少し燃費性能が良ければ満点。

17point
「オートックワン」Y編集長
オートックワン
Y編集長
いかにも男性ユーザー向けの「あざとい」格好良さだが、狙いがハッキリしていていい。それほど華美すぎないので、日常のアシとしても使える。 デイズと共に座り心地は、K点超えのクラスレス。さらに質感が高められ、ノーマルeKとの価格差以上の余裕を感じさせてくれる。 剛性感の高い足回りと1インチアップしたホイールのマッチングもよく、スポーティな走りも楽しめるのは嬉しい。

元気でパワフルなターボエンジンは非常にいい。しかし、乗って楽しいので使いすぎてしまいそうで、燃費の悪化が心配なのは取り越し苦労か?

17point
マニアックライター・あべ
マニアックライター
あべ
プレーンで上質なeKワゴンにスポーティさをプラスしたeKカスタム。力強さを感じさせるスタイリングに、専用のアルミホイールがマッチ。基本が良いとドレスアップも映える。 ブラックにシルバーのアクセントを加えたインテリアは、eKワゴンとは違った表情を見せる。シートもサポートに優れる形状で、スポーティな雰囲気を演出しつつ、実用性も高い。 ターボグレードの設定が嬉しい。余裕のパワーで快適、アクセルを軽く踏んだだけでノンターボとの違いがすぐに分かる。スポーティでも乗り心地に不快感は一切ない。 ノンターボは29.2km/l(JC08モード)の好燃費。ターボモデルは23.4km/l(JC08モード)とノンターボより数値は劣るが、パワーがありアクセルの開度が少なくて済む。 18point
一般ユーザー代表・オギクボさん(47・神奈川県在住)
一般ユーザー代表
佐藤さん 41・東京在住
さすがミツビシ、アクの強いデザインは上手だなと感心してしまう。クロームメッキの使い方も、やり過ぎがなく上品な印象です。 タコメーターが追加されたのは評価できるが、だったらノーマルモデルにも搭載してほしい。シートは明らかに座り心地良さそう。 ターボエンジン好きとしては、最近のターボ見直し路線は大歓迎。小排気量でターボを有効活用しているのが現在のトレンドっぽくていい。 燃費性能もいいし、価格もメインは150万円以下。それでいてこの格好良さなら買う気になりやすい。下取りもいいといいんですが…。 18point
POINT(平均値)17.75

総合評価:平均値:16.75POINT

Kワゴンとしての完成度に、スタイリッシュな外装をプラス、さらにターボエンジンの設定でパワーまで手に入れた「鬼に金棒」モデル。評価が高いのも当然か。細かいが1インチアップした専用アルミホイールなど、走りにも気を遣った仕様で、満足感は非常に高いだろう。

>このクルマについてもっと知りたい人はコチラ