autoc-one.jp 記事・レポート 特集 テーマ別 勝手にBEST10 ワケありからワザありKワゴンSPECIAL ~進化を続ける日本独自の軽ワゴンたち~ detail0506

  • Honda N-ONE Premium01
  • Honda N-ONE Premium02
  • Honda N-ONE Premium03
  • Honda N-ONE Premium04
  • Honda N-ONE Premium05
Honda N-ONE Premium06Honda N-ONE Premium07

ホンダ・N-ONE Premium

上質さ、存在感はクラスレスなN ONE上級版 価格:136.00〜165.00万円

おすすめしちゃう理由

ホンダ初の市販軽乗用車「N360」をモチーフとし、『長く愛されるクルマ』をテーマに開発された軽トールワゴンが【N-ONE】だ。そして、軽の枠を越えた上質さを与えて、その方向性をさらに強めたのが【N-ONE Premium】である。クロームメッキで縁取られた大開口グリルや、サイドからリアへ真一文字に走るクロームメッキモールが高級感と存在感をアピール。また、バーガンディとブラックの木目調パネルをコーディネートしたインテリアはシックのひと言。内外装ともに、軽自動車の枠を超えて上質に仕立てられている。【N-ONE Premium】のスゴさは、見た目だけでなく肌触りや静粛性にまでこだわっていること。実際に乗って運転すると、クラスを越えたクルマであることをいっそう感じさせてくれる。走りはホンダらしく自然なフィーリング。NAエンジンは扱いやすく、動力性能に不満は感じられない。が、クラスを越えたプレミアム感が魅力のクルマゆえ、パワーに余裕のあるターボエンジン搭載車の方がキャラクターに似合っているかもしれない。また、このターボエンジンもクラスレスなゆとりと力強さを感じさせ、プレミアム感が一層高まる。本気で軽に乗り換えてもいいと思わせる魅力がある。

>このクルマについてもっと知りたい人はコチラ

>KワゴンSPECIAL BEST10 全車実力通信簿>見る



  • Suzuki MR wagon01
  • Suzuki MR wagon02
  • Suzuki MR wagon03
  • Suzuki MR wagon04
  • Suzuki MR wagon05
Suzuki MR wagon06Suzuki MR wagon07

スズキ・MRワゴン

男女を問わないセンスの良さが光るKワゴン 価格:112.14〜135.87万円

おすすめしちゃう理由

どちらかというと女性向けのイメージが強かったMRワゴンだが、3代目へのモデルチェンジを機にターゲットを20代の男女へとスイッチ。シンプルながら愛嬌のあるスタイリングはユニセックスなイメージで、オシャレにうるさい若者にも十分アピールできそう。インテリアもまたシンプルかつシックにまとめられている。ホワイトのダッシュパネルとピアノブラックのセンターパネルが絶妙なコントラストで、モダンな家具のようなインテリアに仕上がっている。女性に媚びた「いかにも」な可愛らしさではなく、センスで勝負しているのには好感が持てる。スマートフォンからヒントを得たというタッチパネル式のオーディオも面白い。2013年7月に受けたマイナーチェンジでは、ワゴンRでお馴染みの「エネチャージ」や「新アイドリングストップシステム」「エコクール」などの低燃費技術を搭載。カタログ燃費は30.0km/l(JC08モード、L・2WD)へとさらなる進化を果たしている。ノンターボでも非常に良く出来たエンジンゆえ、低燃費モデルだからといって日常域で非力を感じるシーンはほとんどないだろう。

>このクルマについてもっと知りたい人はコチラ

>KワゴンSPECIAL BEST10 全車実力通信簿>見る