autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 ホンダ N-ONEで行くドライブ女子会 -伊豆・伊東の旅 第一話-/吉田由美×安枝瞳 page01

  • プロローグ

    ボクの姉である吉田由美が、お友だちを誘って一泊二日のドライブ女子会にまた出かけるみたいです。 今回は、伊豆半島の東側に位置する伊東が目的地です。

    皆さんもご存知のとおり、由美ネエさんはカーライフ・エッセイストなわけで、モデルもこなすほどの美人でありながら、自動車評論家としても活躍しているわけで、まさに才色兼備の“働く女”です! そんな由美ネエさんが乗るのは、前回の草津温泉の旅でも活躍した軽自動車・ホンダのN-ONEです。

    発売からすでに半年が経とうとしていますが、いまだに販売台数は1万台前後をキープ。 若いユーザーから年配の方まで幅広い年齢層から支持される、大人気モデルなんです。

    さ、そんなこと言ってる間に、そろそろ由美ネエさんが運転するN-ONEが、
    出発地の青山外苑前に着きそうですよ。

08:00 東京・青山外苑前 【出発】

  • 外苑前で由美ネエさんを待っているのは、モデルでレースクイーンのやっさんこと安枝瞳ちゃん。 最近は歌って踊れるアイドルとしてCDもリリースするなど、大活躍中のようで。
    どうやら珍しく休日が取れたので、由美ネエさんに「どっか連れてってくださ~い!」とおねだりした様子です。

  • 由美「やっさん、おまたせ~」
  • 瞳「由美さんこんにちは!」
  • 由美「ウフフ、相変わらず関西なまりが可愛いわね♪」
  • 瞳「ウソ~ん! ウチ、ちゃんと標準語意識してしゃべってるのにぃ~。そんなことないですわぁ!」
  • 由美「……そ、そうね。ま、いいわ。出発しましょ!」
いきなりボケをかます天然系の瞳ちゃん。やはり関西出身ということで“もって”ますね。ちなみに今回のN-ONEのボディカラーは、天真爛漫な瞳ちゃんによく似合うイエロー。正確には、ボディが「プレミアムイエロー・パールII」で、ルーフを「クリスタルブラック・パール」にした2トーンカラースタイルです。他にも4種類(計5種類)の2トーンスタイルがあります。 女2人のドライブ女子会、さてさて、今回はどうなることやら……。
  • /

10:00 東名高速 【走行中】

  • 快調に走り出した黄色いN-ONE。早くも女子トークに華が咲きます。。
  • 瞳「ウチ、黄色とかオレンジ色とか好きなんですよ~。可愛いですよねぇ」
  • 由美「アイデンティティを主張できるから、クルマのボディカラーもお洋服と同じよね。私はけっこう赤とか好きだなぁ」
  • 瞳「ああ、“真っ赤なポルシェ♪”の百恵ちゃん世代ですもんね。ウチの母さんと一緒や!」
  • 由美「……」
  • 瞳「!(←ヤバいと気づいた)こ、このクルマって荷物いっぱい乗りますよね~(汗)」
  • 由美「……でしょう?」
  • 瞳「ホッ!」
女子特有の大荷物(←1泊なのに)も、N-ONEは後席が分割可倒式になっているので余裕で収納できるわけで。さらに、その操作もワンアクションで女性でも簡単に積めるわけで。女性ふたりの1泊旅行にもバッチリだったりします。 ささ、由美ネエさん、ハトヤCM曲なんて歌ってないで、運転に集中していきましょう。
  • /

10:30 小田原厚木道路・平塚PA 【休憩】

  • 女子といえばお土産が大好き。
    ふたりは早くもパーキングエリアに立ち寄ってお土産を物色しているようです。 まだ往路ですよ!

  • 瞳「じゃじゃ~ん! いいもの見つけちゃったぁ」
  • 由美「桜えびせんべいだって~。静岡の名産らしいね~」
  • 瞳「(さっそくパクつく)……んん! 美味しい♪」
  • 由美「ひと口で口の中に香ばしさが広がるね~」
  • 瞳「メモメモ……」
  • 由美「どうしたの?」
  • 瞳「いや、グルメリポートの勉強です!(笑)」
ということで、小腹を満たしたらドライブ再会。 ちなみに、N-ONEにはドリンクホルダーやグローブボックスはもちろん、インパネトレイやコンビニフック、アンダーボックス、センターロアボックスなんかもついているわけで。今買ってきたものもスッキリ収納できるわけで。スマートデザインなのに収納も豊富と、とても気の利いたつくりになっています。
  • /

11:30 小田原・季作久 【ランチ】

  • さっき休憩しておやつを食べたばかりなのに、もう昼食だそうです。
    まったくこれだから女子ドライブは……。

  • 瞳「ほんと美味しかった~♪」
  • 由美「でしょう。味はもちろん量もしっかりあったから、男性でも満足してくれそうね」
  • 瞳「けど、お腹いっぱいになったら眠くなりませんか?」
  • 由美「うん……あれ、今のお店の名前なんだっけ?(編集部注:『季作久』です)」
  • 瞳「由美さん大変! 忘れたことはその日のうちに思い出さないと、脳細胞がひとつ死ぬんですよ! わああ、脳細胞が危ない!」
  • 由美「……う~ん」
  • 瞳「そうだ由美さん! もう1回お店に入るところからやり直してみたら?(そうしたらまた食べられるわ♥)」
  • 由美「まだ食べたいんかい!」
たしかにN-ONEのシートは快適です。特にフロントはベンチシートになっていて、人の身体のラインに沿った優しいフォルムなわけで。シート座面も低反発加工が施されているわけで。いや、だからといって運転中は寝ないでくださいね、由美ネエさん!

【そば季寄 季作久】
神奈川県 小田原市 江之浦133-6/TEL:0465-28-1020
  • /

13:00 小田原・みかん本舗&伊東・こころね 【おみやげ物色&宿到着】

  • もうすぐ宿へ……その前に、瞳ちゃんの大好きな柑橘類ショップへ。
    って、またお土産買うんか~いッ! しかも自分用か~いッ!!(笑)

  • 由美「やっさんは、ホントにみかんが大好きなんだね~」
  • 瞳「はい、実はCDで作詞もしてて、その中のタイトルに『みかん』って曲もあったりします……エヘッ(笑)」
  • 由美「すごーい! 徹底してていいね。じゃあ言葉の語尾に『みかん』付けるとか、芸風にも、もっとみかんを織り交ぜていかなきゃね~」
  • 瞳「そうですね~。もっとみかんらしさを求めて、だけどみかんらしさに甘えず、ただみかん過ぎず、みかんらしさの向こう側にあるメッセージを、みかんファンの皆さんに発信していけたら……って“芸風”!? ウチ芸人やないですけど!」
  • 由美「ツッコむのはそこ?(笑)」
ささ、そんな小漫談やってる間に、伊東の『金目鯛の宿・こころね』に到着です。海の側の小高い丘に建っている隠れ家的リゾートですが、ちょっと急な坂でもN-ONEならターボパワーでグイグイ登っていけちゃいますね。さて、到着したところで、まずはご飯にする? お風呂にする? それとも……ムフフ。
  • /

15:00 伊東・こころね 【到着】

  • 今回の宿『金目鯛の宿・こころね』は、5年連続楽天トラベルアワードを獲得してきた有名宿です。由美ネエさんと瞳ちゃんが宿につくとすぐに、オーナーの奥さまが、オリジナルウェルカムドリンクを出してくれました。さらに、女性は彩り豊かな色浴衣がサービスで選べます。ふたりは早速好みの色を選んで……。

  • 瞳「由美さん浴衣似合いますね~」
  • 由美「そうかなあ。ありがとう」
  • 瞳「なんか浴衣って大人の色気をさらに引き立ててくれる感じで、由美さんみたいな人にピッタリですよね!」
  • 由美「あら~やっさんだって似合ってるわよ」
  • 瞳「いや~ウチはまだまだ子どもやし、似合うのはショートパンツくらいです。あ、由美さんの時代はホットパンツって言ってたんですっけ?」
  • 由美「……怒りで私がホットに(熱く)なってきたわ。さあ、お風呂行くわよ!」
おお! 全国の吉田由美&安枝瞳ファンの皆さん、大変長らくお待たせしました(笑)。2人がやっとお風呂へ向かうようです!
  • /

17:00 伊東・こころね 【露天風呂】

  • 高台にある露天風呂からは、相模湾と伊東市街が一望できます。さらに源泉100%掛け流しということで、お肌にもいい!
    2人とも幸せそう〜。その2人の入浴シーンを眺めるボクらも幸せ者なんですけどね(笑)。

  • 由美「ふぅ……いいわねえ」
  • 瞳「最高ですね!」
  • 由美「ほら、見てこの絶景。まるで川端康成の小説にでも出てきそうじゃない?」
  • 瞳「えと……プロレスラーでしたっけ?」
  • 由美「……なんでもないわ。話しかけてごめん……」
この展望露天風呂、夜に入るのも最高で、伊東の夜景と星が本当に絵のように美しく雄大な景色を眺めることができます。さ、2人ともたっぷりいい汗をかいたところで、いよいよ待ちに待った夕食タイムへ。
  • /

19:00 伊東・こころね 【夕食&花火】

  • ついに、口コミランキング伊豆伊東地区で1位を獲得した金目鯛料理が登場です!! なんと800gもある特大金目鯛の煮付けなんです。

  • 瞳「ホントこんな美味しいもの食べられて幸せ~。由美さんはしょっちゅう仕事でこれくらいのもの食べてるんですよね?」
  • 由美「あのね~。どうもみんな勘違いしてるみたいだけど、いつもこんな美味しいもの食べられるわけじゃないのよ」
  • 瞳「だってよく由美さんのブログで美味しそうな写真を見ますよ。『なんちゃってアラブなカーライフ』で!」(編集部注:『なんちゃってセレブなカーライフ』です)
  • 由美「う、うん……アナタはもうひとつ勘違いをしてるわ」
極上金目鯛で腹ごしらえを済ませた2人。瞳ちゃんがこっそりトランクに詰め込んできたのは花火でした。ちょっと季節は早いですが、浴衣美女と花火、なんとも風流でいいですね!
  • /

23:00 伊東・こころね 【就寝】

  • 寝る前に大好きなみかんをガッツリ食べあさった瞳ちゃん。ベッドに入るやいなや、あっという間にご就寝のご様子。(ヒソヒソ声)やっぱり気になりますよね、寝ている様子。皆さんのご要望に応え、部屋にカメラを設置してみました。ある意味、『パラノーマル・アクティビティ』より怖い映像が撮れてたりして(笑)。


プレゼントのお知らせ 超レア!!「N-ONE CRAFT "RECYCLE"ノートをプレゼント」

  • ここでプレゼントのお知らせです。2人が持ってるこのノート。ただのノートじゃありません! N-ONEがデビューした時に、ホンダが段ボール製のペーパークラフトN-ONEを製作したのですが、その世界に一台しかないペーパークラフトN-ONEを分解した素材で作ったノートなんです。

    ↓詳しくはコチラ↓
    http://www.honda.co.jp/N/

    そんな貴重なノートが欲しい人は、第2話の動画でやっさんが思わず叫んだ「○○○最高!!」の答えを、第2話の応募フォームから「N-ONEノート希望」を選択の上、ご応募ください!!

プレゼントのお知らせ 「金目鯛の煮付けセットをプレゼント」&次回予告

  • さらにさらに、今回は由美ネエさん達がお世話になった『金目鯛の宿・こころね』さんからも、金目鯛の煮付けセットをプレゼント! 高級食材として名高い金目鯛を自宅で食べることができるチャンスです。

    金目鯛が食べたい!という方は、こちらも第2話の動画でやっさんが思わず叫んだ「○○○最高!!」の答えを、第2話の応募フォームから「金目鯛煮付けセット希望」を選択の上、ご応募ください!!

    そして次回、ドライブ女子会、伊豆・伊東編 第2話は?
    約束の早朝風呂に、はたして由美ネエさんは現れるのか!?
    そこは火サスの舞台? あまりの恐怖で2人が絶叫した場所とは!?
    伊豆・伊東編 第2話もお楽しみに♪

トップへ

Galleryへ

第2話につづく!(Coming Soon)