autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 ECLIPSE AVN-ZX02i&AVN-G02 SPECIAL CONTENTS page04

About AVN-G02

曲がるポイントを逃さない的確な音声案内

これまで数多くの車を運転し、その度にナビの操作もしていますが、本当によく失敗してしまうのが、曲がる位置です。交差点名が確認できない状態で、迷いながらハンドルを切ってしまうと、手前過ぎたり、はたまた通り過ぎてしまったり……。そのうえ、「目的地周辺です」というアナウンスとともに、案内終了になってしまったり。「ここからがわかんないっつーの!!(怒)」と車内でイライラすることもしばしば。
そんな悩みも『AVN-GO2』ならスッキリ解消してくれます。右左折の案内では、目視ができない●m手前と直前に案内してくれるほか、目的地付近では、建物がしっかりと目視できる状態で「目的地に着きました」と案内してくれました。音声案内ははっきりと聞き取りやすかったですし、聞き逃してしまった場合でも、現在地ボタンを押せば、何度でもアナウンスしてくれるので、これまた安心! 特に、多方向に分岐している交差点では、直進、斜め右といった案内をしてくれるので、曲がる方向を間違うということもなくなりそうです。

バックアイカメラがあれば、誰でも安心らくらくスマート駐車!

毎日運転はするけれど、車庫入れだけは苦手という女性、結構多いんですよね。バックで操作するという難しさに加え、街中では狭い駐車場も多く、ストレスが倍増! 実は私もそんなに得意な方ではありません(笑)。
バックでの駐車が難しいと感じてしまう大きな要因は、直接目で見て車の背後を確認することができないという不安感が挙げられるでしょう。また、駐車スペースに入ったとしても、片側に寄ってしまったり、斜めに駐車してしまったり、車両の位置が決まりにくいという悩みを持つ方も多いと思います。でも、バックアイカメラがあれば、その不安は自信に変わると思いますよ!



私の場合、普段は駐車場のラインと、サイドミラーを確認しながら駐車することが多いのですが、今回ECLIPSEのバックアイカメラ「BEC111」も併用してみると、ミラーだけで確認するよりも視界がひろがって、クリアな映像で、確認の精度もグンと高まると感じましたし、駐車場のスペースが画面に表示されるので、位置合わせもしやすく、すんなり駐車することができました。
車の運転で難しいのは周囲の状況が刻々と変わること。シフトレバーをRに入れて、いざバックをし始めたら、背後を人が通り過ぎたり、車高の高い車だと背の低い子供が後にいることに気づくことができない場合もあります。よく確認したつもりでも、気づかずハッとすることって、よくありますよね。駐車のしやすさだけでなく、可能なかぎり視界を広げ、安全運転をサポートしてくれるという観点からも、バックアイカメラは頼もしいアイテムですね。