autoc-one.jp 記事・レポート 特集 テーマ別 勝手にBEST10 オーバー・ザ・20km/L ~飽くなき超低燃費競争~ detail0708

  • Toyota Prius α01
  • Toyota Prius α02
  • Toyota Prius α03
  • Toyota Prius α04
  • Toyota Prius α05
Toyota Prius α06Toyota Prius α07

トヨタ・プリウスα

さらに便利になったミニバン仕立てのプリウス 価格:235.00〜320.00万円

おすすめしちゃう理由

「ハイブリッド」のパイオニアにして時代をリードし続ける『プリウス』のボディを拡大し、ミニバンに仕立てたのがプリウスα。全長を155mm、全幅が30mm、全高は85mmほどプリウスより大きくなり、2列シートの5人乗りと3列シートの7人乗りが設定されている。スタイリングはプリウスの流れを汲むが、大きくなったことでより立派な印象を与え、1クラス上の車格。なお、インテリアはハイブリッド用バッテリーの積載位置の都合もあり、プリウスとはデザインが改められた。大きめのセンターコンソールボックスが備わり、全体の質感はプリウス以上だ。
また全高が高くなった分、フロアと座面の距離が大きく取られ、乗員をアップライトな姿勢で着座させることで、足を前に伸ばして座るより感覚的に広々とした印象を与えることにも成功している。1.8Lエンジンに2つのモーターを組み合わせるハイブリッドシステムは、プリウス譲りで出力もトルクも一緒。大きく重くなった分だけ燃費性能は若干低下したのが残念(カタログ上ではJC08モードで31.0km/l)だが、それでもミニバンとは思えない立派な数値。今、最も進化したミニバンとして非常に人気も注目度も高いモデルだ。

>このクルマについてもっと知りたい人はコチラ

>イケメンなクルマたちBEST10 全車実力通信簿>見る



  • Toyota Crown HV01
  • Toyota Crown HV02
  • Toyota Crown HV03
  • Toyota Crown HV04
  • Toyota Crown HV05
Toyota Crown HV06Toyota Crown HV07

トヨタ・クラウン アスリート ハイブリッド

クラウンらしい高級車像を追求したハイブリッド 価格:410.00〜543.00万円(※ハイブリッドのみの価格帯)

おすすめしちゃう理由

旧モデルではロイヤル、アスリート、ハイブリッドの3シリーズをラインナップしていたクラウン。現行モデルではロイヤルとアスリートの2シリーズ展開となり、それぞれにハイブリッドのグレードが設定された。これは、ハイブリッドはもはや特別な存在ではないことの証明で、事実、現行クラウンの受注はおよそ7割がハイブリッドだという。
この現行クラウン ハイブリッドの注目ポイントは、エンジンが旧型は3.5LのV6だったのに対し、4気筒2.5Lにダウンサイジングされたこと。それでも、クラウンの名に恥じないようにと気を遣い、4気筒のデメリット、例えば振動などはよく抑えこまれている。さらにモーターの適切な介入により3.0Lエンジン並みの力強さを感じさせる。一方、価格が下がったことと、さらには燃費が14.0km/lから23.2km/l(JC08モード)へと大幅に向上したことで「エコカー減税100%」の免税対象車となっている。さらにオーナーに配慮すべく、パワートレーンが異なってもゴージャスな内装や快適かつしっかりした走りはガソリンモデルと同じ。いかにもクラウンらしい進化を果たし、「エコな高級車」を実現させている。

>このクルマについてもっと知りたい人はコチラ

>Under150万円BEST10 全車実力通信簿>見る