トヨタ 86 塗装面にカッターの傷が入らない「ナイフレステープ」がLAPPSのウリ!!

記事・レポート 特集 特別企画 塗装面にカッターの傷が入らない「ナイフレステープ」がLAPPSのウリ!!

ピンク86登場!!「トヨタ86“Re BORN” with LAPPS」 ~86オートックワン号全身リニューアル!~ (2/2)

塗装面にカッターの傷が入らない「ナイフレステープ」がLAPPSのウリ!!

塗装面にカッターの傷が入らない「ナイフレステープ」がLAPPSのウリ!!

86オートックワン号を預けた翌日、撮影も兼ねてLAPPSスタジオを訪れると、すでにほとんどの部分は完成し、小物パーツと大物のボンネットの作業が残されていた。

目指すはトヨタ「Re BORN」カラーであるピンク色。クラウンにも設定された色だが、イメージはピンク・キャデラックならぬピンク・クラウンの弟分、ピンク86が、目の前で仕上げられようとしている。

この手の施工作業で鳥肌が立つほど嫌な事は、貼ったフィルムの余分をカットするのにカッターを入れること。

それはつまり塗装面にカッターの傷が入るのだが、LAPPSではカットする部分に「ナイフレステープ」を仕込み、フィルムのみを下から天蚕糸でカットして行く感覚。

もちろん塗装面にはまったくストレスを与えない。それは重ね面にも傷が入らず、均等にでき、継ぎ目が目立たないというメリットもある。

最初から塗装されている、と錯覚するほど美しい

フィルムは自動車専用の3Mスコッチプリント・ラップフィルム1080を使用。ロールの幅が1524mmあるため、継ぎ目のない一枚貼りが可能なことと、それを施工する技術に注目できる。

難しいのはミラーやバンパー/スポイラーなど、大きさではなく複雑な形状。ところが、ここも凄い。複雑なアールは分割して重ね継ぎ目はあるのだが、それはあたかも最初からある型のパーティングラインのように重ねるから、違和感などまったくない。

しかし、施工していく行程を解説しても意味がない。

プロの技だからシロートには“手際良く作業を進めている”ようにしか見えないから。

自動車専用3Mスコッチプリント・ラップフィルムは気泡が入らない。というか貼った面から空気が自然に抜ける。要はシロートでも上手く貼れる。

だが問題は複雑なアールの処理、部分的にヒートガンで暖め、形状を合わせる作業だが、素材を伸ばすのはいいが、寒さで縮む場合の余裕がとれているかどうか。そこを見極めるのがプロの技だ。