autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 日本上陸を果たした「VOLVO SELEKT」の全貌に迫る page01

VOLVO SELEKTとは一体何なのか?

  • ”ボルボが本格的に中古車販売に取り組み始めた”

    すでにボルボ・カー・ジャパンの一部ディーラーなどで試験的に「VOLVO SELEKT」と呼ぶ新しい中古車戦略をスタートさせているが、6月1日からこれが全国のディーラーにて展開されることになった。

    「VOLVO SELEKT」とは、新しい中古車の品質基準をベースに、安心して乗れる高品質な中古車をユーザーに提供し、販売後も保証やアシスタンスシステムによってフォローするプログラムだ。

    「VOLVO SELEKT」がこれまでの中古車販売・保証プログラムと違うのは、スウェーデンの自動車メーカーであるボルボが開発し、マネジメントしている点にある。 それも日本だけで展開されるのではなく、世界的に共通したプログラムで展開を図るものだ。すでにヨーロッパなどで先行導入され、多くのユーザーから好評をもって迎えられている。

    ボルボ車について最も熟知しているのはメーカーであるボルボであり、そのボルボが作った品質基準に基づいて厳選され、入念に仕上げられた中古車を、統一保証付きでユーザーに販売するのが 「VOLVO SELEKT」だから、ユーザーの安心感と満足度が高まるのも当然だ。

    ボルボやボルボ・カー・ジャパンとしては、「VOLVO SELEKT」によって新車だけでなく、中古車においてもボルボのブランド力を高めていくのが目的で、それは高い品質基準に基づいた 中古車の提供や万全の保証とアフターサービスという形でダイレクトなユーザーメリットにつながる。

    「VOLVO SELEKT」のスペルが“K”になっているのは間違ではなく誤植でもない。英語の“SELECT”をスウェーデン語で表現すると“SELEKT”となる。あえて「VOLVO SELEKT」と表記することで、 スウェーデンのボルボがマネジメントする中古車戦略であることを明確に示している。

    そして“SELEKT”という言葉が端的に示すように、選び抜かれた中古車が「VOLVO SELEKT」の認定中古車として販売される。

    ボルボの中古車は多くがボルボディーラーで発生するが、発生した中古車の中から厳選したクルマが「VOLVO SELEKT」の対象となる。具体的には新車登録から5年以内の中古車で、走行距離は6万km以内。 しかも定期点検記録簿によって整備の履歴が確認できるクルマだけを対象にしている。当然ながらすべて修復歴なしのクルマである。

    このように選ばれた中古車に入念な点検整備を加えた上で、保証やアシスタンスサービスを付加して販売されるから、ユーザーは「VOLVO SELEKT」の中古車なら、安心して買って乗っていられる。 各ディーラーの中古車展示場では、「VOLVO SELEKT」の認定中古車であることがすぐに分かるように明確に区別して展示されるから、ユーザーは迷わずに安心の中古車を選べる仕組みだ。

「VOLVO SELEKT」期待のそのプログラムとは?

  • ”VOLVO SELEKTの認定中古車がどのように仕上げられ、販売されていくかを具体的に紹介しよう。”

    「VOLVO SELEKT」の認定中古車がどのように仕上げられ、販売されていくかを具体的に紹介しよう。 まずは前述のように年式や走行距離、定期点検の履歴や修復歴などによって「VOLVO SELEKT」の認定中古車として仕上げるクルマが選ばれる。 定期点検の履歴はボルボディーラーでメンテナンスを受けてきたフルヒストリーが確認できるクルマに限られるし、修復歴なしが絶対条件であるのは言うまでもない。