autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 VOLVO 認定中古車 APPROVED CAR の魅力に迫る page02

そこにあるのは豊富なラインナップ

今回取材したボルボ・カーズ 東名横浜は、Young Used Carに関して極めて特徴的な中古車拠点である。
新車の営業所のすぐ近くにある倉庫が期間限定の中古車展示場とされており、ここには常時40台から50台のYoung Used Carが展示されている。
V60/S60/XC60の60シリーズを中心に、ほかではなかなか見られないXC90のYoung Used Carも数台あるし、V50やV70などほとんどのボルボがYoung Used Carとして展示されている。
これは首都圏にあるボルボの直営営業所5カ所で発生するYoung Used Carが、ここ東名横浜に集められているためだ。豊富な在庫の中から比べて選べるのが東名横浜の魅力であり、特徴である。
Young Used Carは全国のボルボディーラーで扱っている。各拠点のアプルーブドカーの在庫状況については、ボルボ認定中古サイトから確認できる。さらに、最寄りのディーラーも確認できるので、問い合わせをすることをおすすめする。ちなみに、東名横浜の在庫台数は圧倒的。ここに来れば欲しいボルボが必ず見つかると思っていい。それだけでなく、ボルボ車の購入を考えるユーザーにとって重要なボディカラーや形、使い勝手などを目で見て確かめられる絶好の機会を提供してくれる場なのだ。
今なら、ボルボ中古車の中でお勧めになるのは60シリーズだ。Young Used Carを選ぼうとするなら、ますます60シリーズがお勧めである。
ボルボのラインナップの中でも新しいモデルであり、今の時代のボルボデザインやボルボらしい安全装備などを備えたクルマであるからだ。

エステートの使い勝手を求める人ならV60を、正統派のセダンを求める人にはS60を、アウトドアライフを楽しみたい人にはXC60をという具合に、ユーザーのニーズに対応していろいろなクルマを選べるのが良い。
長く乗るタイプのユーザーなら、S60がお勧めである。しっかりしたフォーマルなセダンボディは剛性が高くて静粛性や乗り心地に優れているからである。

またボルボ車の他シリーズに比べ、60シリーズは在庫量がずっと多い。それだけグレードやボディカラー、装備など、選択肢が豊富なことも、60シリーズをお勧めする理由である。豊富な在庫の中から、グレードや色、そして装備などを吟味して、自分のぴったりの1台を見つけたい。


TEXT:松下 宏 PHOTO:茂呂 幸正