autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 VOLVO 認定中古車 APPROVED CAR の魅力に迫る page01

新車登録からたったわずか!“Young Used Car”モデルの魅力とは

Young Used Carの中でも中心になるのがV60/S60にXC60も加えた60シリーズのモデルだ。
ここ2~3年、ボルボディーラーは60シリーズのモデルを中心に販売を伸ばしてきた。その好調な販売を背景に、Young Used Carは60シリーズのモデルが中心になる。

ボルボといえば安全が大きな商品特徴とされていて、60シリーズではシティセーフティやオプション設定のヒューマンセーフティなどの安全装備を備えている。
シティセーフティはレーザーが前方のクルマなど障害物を感知すると、一定の車速以下なら停止して衝突を回避し、それ以上の速度のときは減速して被害を軽減する。
ヒューマンセーフティはカメラが画像で前方の人間を認識し、その手前で停止または減速する。
万一止まれなくても速度が半分に下がれば、衝突エネルギーは4分の1になって大幅に被害を低減する。いま話題の最新の安全装備だ。
シティセーフティが登場する以前は、自動ブレーキによって完全に停止させることはできなかったが、シティセーフティを国土交通省が認めたことで基準が変わり、事故の被害を軽減するのではなく停止して被害を回避できるようになった。
なので60シリーズのYoung Used Carには、シティセーフティはもちろんのこと、オプション設定のヒューマンセーフティも装着したクルマが大半だ。
最新の安全装備が手に入るのもYoung Used Carの魅力の要素である。
そもそもボルボの安全は、十分なクラッシャブルゾーンと強固な骨格を持つボディ構造がベースとされている。安全ボディの上に構築されたのがシティセーフティなどの安全装備なのだ。

ほかにも快適装備の面で進化しているのが最新のボルボ車で、それが手に入るのがYoung Used Carである。