記事・レポート 特集 モーターショー 友達と情報共有し、エンターテイメントの一部としての価値を持つことも自動車に必要な役割ではないのだろうか?

『ジュネーブモーターショー2013』オートックワン特派員レポート/Yuta (2/4)

友達と情報共有し、エンターテイメントの一部としての価値を持つことも自動車に必要な役割ではないのだろうか?

【友達と情報共有し、エンターテイメントの一部としての価値を持つことも自動車に必要な役割ではないのだろうか?】

さらにもうひとつのトレンドが“自動車のソーシャル化”。最近よく耳にする“ソーシャル”という言葉は、皆さん御存知の通り、「Facebook」や「Twitter」等のSNSのことです。

海外でも日本と同じように自動車離れが起きています。そして、その打開策の一つとして“自動車のソーシャル化”が生み出されたと言われています。VW・Audiグループや「Mercedes-Benz」では自動車に「GoogleOS」を搭載し、SIMカードを車内の機器に挿すことで「GoogleMap」や「StreetView」を使えるようにしています。

そのおかげで目的地の検索が楽になるだけでなく、その周辺情報についても検索できるようになるそうです。

「Ferari」はFFにapple社の音声認識システムSiriを搭載して、より快適に自動車の中での移動を行えるようにハード(車体)だけでなく、ソフト(ナビゲーションやSNS)の開発が積極的に進められているのも印象的でした。

走行中の安全性など様々な課題もあるでしょうが、旅先の状況をカメラで撮り、自動車に繋ぎ、リアルタイムでアップロードする。そうやって友達と情報共有し、エンターテイメントの一部としての価値を持つことも自動車に必要な役割ではないのだろうか、と騒々しいホールの中でマジメに考えてしまいました。

【多くの開発者・デザイナー・ジャーナリストの方々にインタビュー】

会場ではショーが始まるまで詳細が明らかにされていない車種が唯一ありました。

それは「La-Ferrari」です。

ネーミングもスペックも公式には明かされておらず、F150などとネーミングでさえも憶測でしか言われていませんでした。そのためどのメディアの期待も半端ではなかったようで、ブース周辺はまさに黒山の人だかり。

ヴェイルが剥がされ、ネーミングが発表されると会場からは拍手と歓声が上がりました。

クルマの発表であるけれど、その自信に満ち溢れたネーミング、芸術的なスタイル、これを世界で一番初めに耳にし、目にしたことを考えたら今でも興奮し、感動してしまいます。ジュネーブに来てよかった…しみじみと感じた瞬間でした。

そんな中、想定しなかった驚きが待っていました。なんとトヨタ「86」の開発者である多田哲哉さんにインタビューができるということでした。

これ