マツダ  &  BMW  &  トヨタ  &  スバル CX-5  &  3シリーズ  &  86  &  BRZ 感動のスピーチにもらい泣き! 「マツダ CX-5」受賞の2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー 最終選考会 潜入レポート

記事・レポート 特集 イベントレポート 感動のスピーチにもらい泣き! 「マツダ CX-5」受賞の2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー 最終選考会 潜入レポート

感動のスピーチにもらい泣き! 「マツダ CX-5」受賞の2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー 最終選考会 潜入レポート

この記事に登場する車: マツダ CX-5 | BMW 3シリーズ | トヨタ 86 | スバル BRZ

Photo:
オートックワン編集部/レポート:オートックワン編集部
感動のスピーチにもらい泣き! 「マツダ CX-5」受賞の2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー 最終選考会 潜入レポート

2012年のNo.1カーはどのようにして選ばれたのか

2012年のNo.1カーを選ぶ 「2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー」 の最終選考会が11月29日、東京・お台場のダイバーシティ東京 Zepp DiverCity(TOKYO)で開催された。

新車ニュースでの既報 通り、大賞の 「2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー」 には マツダ CX-5 が、 「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」 には 「BMW 3シリーズ(セダン/ツーリング)」 が、そして 実行委員会特別賞 には 「トヨタ 86/スバル BRZ」 がそれぞれ選ばれた。いずれも今年大いに話題を呼んだクルマが揃った。

そんな「2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー」はどのように決まったのか。最終選考会の模様をお届けしよう。

今年のカー・オブ・ザ・イヤーが決定する、その瞬間

日本カー・オブ・ザ・イヤーは、今年で32年の歴史を持つ日本を代表する自動車の賞だ。自動車評論家や文化人などで構成される60名の選考委員と、紙・Web媒体のメンバー35名の実行委員等から成る団体で構成される。

11月6日には、2011年11月1日から2012年10月30日までに販売された国産車・輸入車30台のノミネート車両の中から、選考委員の投票により10台の「10ベストカー」を選出している。今年を代表する10台だ。

◎参考:

【速報】2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカーが決定! [2012年11月6日]

この「10ベストカー」の中から、さらなる投票が行われた。大賞投票は各選考委員に25点の持ち点が与えられ、必ず1台には10点を投票する。残りの15点も、必ず4台に配点するのがルールだ。最終選考会場では、60名1人1人の投票結果が順番に読み上げられ、徐々に集計結果が明らかにされていく。

最終選考会には、10ベストカーに選ばれた各メーカー・インポーターの開発者や広報担当などが来場している。彼らにとって、この数十分の開票はまさに緊張の連続だ・・・。

そして。

「10ベストカーから応援のメッセージを頂いた」感動のスピーチをしたマツダの担当役員氏

「日本カー・オブ・ザ・イヤーはマツダのCX-5!」

大きな拍手に包まれて、壇上にはマツダの藤原 清志 執行役員が登場した。彼が担当するのは、2006年頃から手掛けたマツダの先進技術「SKYACITV」テクノロジー。その集大成と言えるのがまさに今回の「CX-5」だ。

マイクを渡された藤原氏は、長い道のりを経て誕生したCX-5が受賞したことについて、感慨もひとしおに謝辞を述べた。とここまでは普通のスピーチだったが、その先がまた感動的だった。カー・オブ・ザ・イヤー候補のライバル車について語りだしたのだ!

『VW up!から、我々ももっとしっかりした日本の小型車を造れよというメッセージを受け取った。文化の香り漂うレンジローバー イヴォークからは、日本も文化を持ったクルマを造れよ、というメッセージを得た。ついにディーゼルまで導入したBMW 3シリーズは(ディーゼルを主力とするCX-5にとっては)まさに真っ向勝負。価格もいいとこを突いてる。もっと頑張れ、というメッセージだと感じた。』

と賛辞を惜しまない。

さらに、得票差で接戦だった「トヨタ 86/スバル BRZ」に対しても

『わくわくするスポーツカー。我々も、いつかは言えませんが(笑)次世代のスポーツカーで再び戦います。成熟した国にはスポーツカー文化がある。日本も成熟した国になりましょう。そして世界で戦えるクルマをこれからも造り続けましょう!』

と熱く語り、会場から喝采を浴びていた。

オートックワンでお馴染み、あの評論家さんはどんな配点だったのか!?

さて、60名いる選考委員の中には、もちろん我らがオートックワンに寄稿頂いている自動車評論家の皆様も多く含まれている。

どのクルマに10点(最高得点)を与えたか。そして今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーについての総評などだ。会場で聞いた声をここでまとめてご紹介しよう。

まずは飯田裕子さん。『カー・オブ・ザ・イヤー(以下COTY)ではCX-5に10点を入れました。SKYACTIV技術の完成形で、特にディーゼルの出来の良さに感心しました。』とのこと。

いっぽう小沢コージさんは、COTYは何よりその年におけるインパクトの高さで比較していて、結果トヨタ86/スバル BRZに10点を投じた。『トヨタとスバルという非常に面白い関係の中で、とてもいいハーフが産まれた。』と小沢さんらしい表現。『海外メーカーに買われるスバルは見たくなかった!から、トヨタと関係を結んだことは本当に良かった』としみじみ。

『非常に迷った!』と話すのは国沢光宏さん。結果、CX-5に10点を投じた国沢さんは、出来も素晴らしくリーズナブルな価格なCX-5が、日本でのディーゼルエンジン車市場に風穴を開けたと評価する。いっぽうでレンジローバー イヴォークのデザインにも感服。日本の自動車界にも更なる刺激を与えるよう、デザイン賞のような部門があってもいいかもしれないね、と話す。なるほど。

今年ほど配点に悩んだ年は珍しい!

森口将之さんも『今年ほど配点に悩んだ年は珍しい』と言う。メカニズム、デザイン、走りの楽しさという3点を評価基準に置く中、今年の10ベストカーはどのポイントも高レベルで苦しんだようだ。10点はCX-5。日本には入ってこない欧州のディーゼル車も多く経験する森口さんをして『ディーゼルの出来が凄過ぎる』と賞賛した。また環境技術、走り、デザインが三位一体にまとまっている点も高く評価する。

松下宏さんはBMW 3シリーズに10点。『小さくて燃費が良くて安いのが良いクルマ』という評価軸を頑ななポリシーとして持つ松下さんにとって、日本の路上では車幅1800mmを超すクルマは評価が厳しくなると話す。全幅1840mmのCX-5より、日本市場向けにドアハンドルを造り替えて全幅1800mmに収め、ガソリン車とほとんど変わらぬ価格でクリーンディーゼルを搭載した3シリーズを高く評価した。

◎2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー 関連記事はこちらもチェック!

  • 1

マツダ CX-5 関連ページ