autoc-one.jp 記事・レポート 特集 PR企画 ダンロップ WINTERMAXX スペシャルコンテンツ



  • 毎年冬になると長野県の女神湖などで開催される氷上走行会に積極参加。
    北海道ブリザードラリーでは最下位ながら敢闘賞を受賞するなど、氷上ドライブのスペシャリストとして、ごく一部で大活躍中のマリオ高野であります!

    今回はダンロップの新作スタッドレスタイヤ「WINTER MAXX(ウィンターマックス)」の性能をチェックしてきました。女神湖はまだ凍りませんが、アイススケート場にクルマを持ち込むという特別な試乗会に参加させて頂いたのです。アイススケート場の路面は、自然の氷上と同じく普通に立つことも難しいツルッツルの超低μ(ミュー)路なので、真冬の極限的な路面状況を想定したテストが行えるのでありました。

    「ダンロップ史上、断トツNo,1の氷上性能」を実現したというウィンターマックス」。
    ダンロップというと、120年以上も前に世界で初めて空気入りタイヤを発明した歴史あるブランドですから、氷上グリップマニアの自分としてはAKB48の新チーム体制発表よりも気になる存在です。

    同じ大阪出身ということで即座に意気投合した(と一方的に思っている)モータースポーツのイメージガールを務める安枝瞳チャン(大阪では阪神高速などをバリバリ運転していたらしい)と一緒にチェックしてきたので、その結果を報告させていただきます!