日産 シーマ  &  シーマハイブリッド 日産 新型「シーマ」復活~栃木工場発・匠が造る「超」こだわりの最高品質とは~

記事・レポート 特集 イベントレポート 日産 新型「シーマ」復活~栃木工場発・匠が造る「超」こだわりの最高品質とは~

日産 新型「シーマ」復活~栃木工場発・匠が造る「超」こだわりの最高品質とは~

この記事に登場する車: 日産 シーマ | 日産 シーマハイブリッド

Photo:
オートックワン編集部
日産 新型「シーマ」復活~栃木工場発・匠が造る「超」こだわりの最高品質とは~

日産基幹工場の匠たちがこだわる最高品質の結晶「シーマ ハイブリッド」

2012年4月25日、日産の高級セダン「シーマ」がフルモデルチェンジを実施し、新たに 「シーマ ハイブリッド」 として生まれ変わった。シーマの名に相応しい走行性能と、近年特に求められる環境性能を両立させ、高い品質とゆとりの室内空間を有する贅沢なモデルである。かつて頂点に位置した「プレジデント」は既に絶版モデルとなっており、今後は シーマ ハイブリッドが日産のフラッグシップカーとなった

今回、我々オートックワン編集部では、日産の最高級モデル「シーマ ハイブリッド」を生産する 日産自動車 栃木工場 を見学する機会に恵まれた。日産の考える最高級の品質とは何か、その最前線の現場へ向かった。

栃木工場は鋳造部門、車軸部門、車両部門、そして実験部門までを有する、 日産でも最大級の工場施設 だ。車両部門ではこれまでセドリックや歴代のシーマなど数々の高級車を生産し、現在は主に日産の高級車ブランド「インフィニティ」車(日本未発売)の多くや、スーパーカー「GT-R」などを造り出している。つまり日産の数ある工場の中でも、もともと高品質にこだわり生産を続ける風土というワケだ。

栃木工場のスローガンは 「モノづくり品質世界一」 。生産者たちがより高い技能を身につけるため、 「匠(たくみ)」 という技能レベル別の階級制度も取り入れている。その技術ノウハウや人材・仕組み作りなどは世界の日産工場へと水平展開され、各拠点の技術力の底上げにも貢献しているというから凄い。

品質には高いプライドを持つ栃木のプロ集団たちは今回、 高品質を超える「最高品質」を目指した という。一体どのようなこだわりを持ち、 最高品質の結晶 である シーマ ハイブリッド を造り出したのか、気になるところだ。順を追ってご紹介していこう。

自動塗装ラインを外れ、人の手での水研ぎを実施

国内専用、年間約1000台規模という少量台数が生産される新型「シーマ ハイブリッド」。日産栃木工場では、生産の様々な過程においてシーマ向けの特別な工程を加えた。その中のいくつかを見せて頂いた。

まずは塗装工程。ここではクルマのプロポーションを決定付ける複雑で滑らかな曲面のボディデザインを最大限生かすよう、平滑な塗装とすることが求められる。新型 シーマ ハイブリッドでは、「下塗り」「第1中塗り」「第2中塗り」「ベースコート」「トップクリアコート」の5層を塗り重ねる。

写真は中塗りを終え、ベースのボディカラーを塗装をする前の状態。ここで 、 つ栃恮燫プimg a

自動塗装ラ逍「第1中塗り」「第2中塗り〖リしupe.png"leSe術力過v id="1down"、ート」image.autoc-one.jp/images/1043882/025_lageり㬊すdiv class="mでたち/spe5つ栬测風ーを塗装の 紶前の -> 0438真5有と>

alt="新型 シち alt="新っ をupe.p燫<br />ル_tyoto_loupe-lou

栮貢2る贅dulなると 04部門.png" /> alt="新型2中塗り〖リ"htt"、〯down"tt"s/article/louは既 "> 、="htr />ル_tyにな_ty33_t.age/1043882/025_upe-l_La4-4to/5_upe-l_L

、讁て実 alt="新 " ">rc=