autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート SUVタイプのEV「Model X」を発表したテスラ、日本における今後の課題とは!?/渡辺陽一郎

イベントレポート 2012/3/13 13:55

SUVタイプのEV「Model X」を発表したテスラ、日本における今後の課題とは!?/渡辺陽一郎

SUVタイプのEV「Model X」を発表したテスラ、日本における今後の課題とは!?/渡辺陽一郎

テスラの最高技術責任者 JBストローベル氏が来日!

Tesla Motors「RoadSter」
日産 リーフ三菱 i-MiEV

日本のEV(電気自動車)といえば、「日産 リーフ」と「三菱 i-MiEV」。

リーフは3ナンバー車だが、丸みのある外観は全身で「未来を先取りした究極的なエコカー」であることを表現している。i-MiEVはiがベースだから特別なボディではないが、やはり丸みがあってEVチックだ。

どちらも「普通のクルマではありません」と主張して、EVに特別なイメージを与えている。これは、プリウスが先代型と現行型でイメージを確立させた手法に似ている。

ところが、アメリカのEV「テスラ」はまったく違う。

テスラ・モーターズは2008年から本格的な販売を開始したが、その第1弾はスポーツカーのテスラ・ロードスターだった。シャシーはロータスがベースで、モーターはシートの後部にミッドシップで搭載する。

外観を見ただけではEVとは分からない。EVである以上、もちろんエコカーなのだが、スポーツカーに仕立てたところが特徴だ。

カタログには、停止状態から時速97kmまでの到達時間が3.7秒と記載される。リーフも加速性能は優れているが、それをアピールすることはない。テスラではEVに対するアプローチの仕方がまったく違う。

Tesla Motors「RoadSter」Tesla Motors「RoadSter」Tesla Motors「RoadSter」Tesla Motors「RoadSter」Tesla Motors「RoadSter」
Tesla Motors 最高技術責任者のJBストローベル氏
Tesla Motors「Model S」Tesla Motors「Model X」

先ごろ、テスラ・モーターズで最高技術責任者を務めるJBストローベル氏が来日。今後の商品展開などについて語った。

最も注目されるのは、新しいプラットフォームを開発し、車種のバリエーションを充実させていくこと。

新開発されたプラットフォームを使う車種として、上級セダンの「モデルS」と、SUVの「モデルX」が設定されている。EV専用のプラットフォームとあってユニットをコンパクトに収め、空間効率の向上を図った。

特にSUVのモデルXは、後輪駆動となる2WDのほかに、前後にモーターを配置した4WDもラインナップ。EVの特徴を生かしたSUVを成立させている。

モデルXでは、前後輪に独立したモーターを配置することで、後輪に駆動力を与えながら、前輪は駆動せずに回生発電させることも可能。1つのエンジンを搭載する従来の車両とは異なり、新たな4輪コントロールも実現できるという。

ロードスターに続くのが、上級指向のセダンとSUV。この発展のさせ方も、テスラらしいところだろう。

Tesla Motors 最高技術責任者のJBストローベル氏

JBストローベル氏によれば、テスラ・モーターズの特徴は、バッテリー/パワー制御/モーター/ギヤボックスなどを統合させ、EVとしての技術を確立させていること。

モーターは自社で開発した「誘導モーター」を採用。この方式ではマグネットを用いず、合理的で環境にも優しい方式であるという。

リチウムイオン電池の供給についてはパナソニックと提携しており、前述のモデルSでは、4年間で8万台のセルが供給される。気になるのは日本での動向だが、1年間に50~100台の販売には対応できるという。

Tesla Motors「Model S」

今後の課題は、充電機能の規格を日本のインフラに合わせること。

日本のユーザーがテスラ社のEVを所有した場合、現時点で充電できるのは自宅のみになる。本格的に販売するとなれば、高速道路や公共施設などに設置される急速充電器への対応が必要。

この点については、「今後の課題だが、対応は困難ではない」との返答だった。

個性的で趣味性の強いEVを開発し、そこにはパナソニックのリチウムイオン電池も使われる。日本のユーザーにとっても馴染みやすいEVだから、使いやすいように対応を図って欲しい。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!