記事・レポート 特集 カーソムリエ グランツーリスモでは“若者離れ”は起きていない

“グランツーリスモ”を生んだ(株)ポリフォニー・デジタル 代表取締役「山内一典」氏×「学生カーソムリエ」対談/飯田裕子 (3/3)

Photo:
茂呂幸正
グランツーリスモでは“若者離れ”は起きていない

グランツーリスモでは“若者離れ”は起きていない

青山学院大学 湯川さん(以下、湯川) 「ターゲット設定はあるんですか?」

山内氏 「これまでも明確なターゲットを持って作ったことはないんですね。基本は自分たちが楽しめるかどうか、なんですよ。それは初代グランツーリスモのときからあまり変わっていなくて、結果として自分たちが楽しんで作ったらプレーヤーにもその楽しさは伝わるんじゃないかと、楽しさの共振みたいなことが起きればいいなと思っていて。

ただ、グランツーリスモ1のユーザーは“プレイステーション・ジェネレーション”って言われていて、20~30歳がメインでした。それから15年経ってますから、彼らはもう45歳です。ビデオゲームの世界で言うと、もう現役の世代ではない。グランツーリスモ1~5に従って高齢化していくんじゃないかと予想していたんです。ところが・・・。

グランツーリスモ5がオンラインになって、かなり正確なユーザー統計がとれるようになったんです。すると20~25歳あたりにピークがいるんです。確実にユーザーが若返っているんですよ。これは意外な驚きでしたね。もちろん30~40代、それ以上の年代のユーザーがいるのも特徴ですけどね」

湯川 「若者のユーザー層が増えている、ということは、いわゆる“若者のクルマ離れ”といったことは心配しておられないのでしょうか?」

山内氏 「心配はいつでもしていた方がいいでしょう、自分たちが古びていかないようにとか・・・。ですが現状では、全世界で見ても若者のクルマ離れと同じような現象がグランツーリスモでは起きていないのです」

ペダルとステアリングのリアリティは、さらに追求したい

芝浦工業大学 大塩さん(以下、大塩) 「15周年を振り返って、グランツーリスモが一つのゲームのジャンルからシミュレーターに昇華した、と感じられる作品や出来事はありましたか?」  

山内氏 「変化を感じた、という明確なポイントはないですね。ただし、例えば“GTアカデミー”のようなプロジェクトが成功すると一つの証拠にはなりますよね。もともと、ザ・リアル・ドライビング・シミュレーターを謳ってGTは登場しているんですが、私自身がグランツーリスモをプレイすることで運転が上手くなる、レーシングドライバーが生まれるという予想はしていましたけれども、リアルにそうなったという実証はできなかったのです。しかし、2008年にGTアカデミーが始まって、ルーカスがウィナーになって今のレースでの活躍を見ていると、やっとそういう時代になったな、という感慨はあるかもしれないですね」  

大塩 「ルーカス選手へインタビューしたときに、『より、リアルに楽しむにはどうしたら良い