autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スマート フォーツー mhd・ed 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2011/1/19 19:47

スマート フォーツー mhd・ed 試乗レポート(3/3)

スマート フォーツー mhd・ed 試乗レポート

電気自動車「スマート・フォーツーエレクトリックドライブ(ED)」はどうだ?

では、今回実証試験が始まったスマートの電気自動車「スマート・フォーツーエレクトリックドライブ(ED)」はどうだったか!?

このクルマ、電池はあのテスラが開発したリチウムイオンバッテリーを使っている。テスラのバッテリーってことは、パナソニックの汎用リチウムイオン電池がベースってこと。

電気自動車および先端バッテリーの開発では、日本は世界をリードしております。

今はまだ市販前のテスト段階なれど、航続距離は135キロと発表されている。三菱アイミーブは160キロだが、スマートのほうはヨーロッパ基準なので速度域が高い。電池容量はほぼ同じなので、実際の航続距離はかなり近いと思われる。

モーターの最高出力は41馬力。アイミーブの64馬力に比べるとちょい非力で、アクセルを踏んだ時の加速感は控え目だ。しかしまあ、考えてみりゃアイミーブもリーフも、発進加速は不必要なほどイイんだよね。電気モーターは停止状態から最大トルクを発生するので、加速が自動的にイイわけです。

なら、もっとモーターをちっこくして、消費電力を抑えたほうがいいという考え方もできるわけで、スマートEDは基本的にそっちの考え方なんね。

アクセルを踏むと、さすが電気自動車。

「フイィィィィィ~~~~~~ン」という電車みたいな音とともに加速して、つい指差確認したくなる。

加速力自体は特に問題ナシ。街中ならこれで十分だ。

しかし全体的な印象は、市販が始まってるアイミーブやリーフに比べると、まだちょっと粗削りだった。足回りがイマイチで、国産勢のような低重心の安定感は感じられなかったし、駐車する時の微速域だと、アクセルに対する反応が抑えられすぎていたり。

値段も決まってないし、現時点ですでに市販が始まっている国産勢の優勢は明らか!

少しホッとしますな。 しかしまあ、その差はわずかであることも確かです。電気自動車はバッテリー性能が命だ。いいバッテリーさえあれば作るのは簡単。だから追いつかれるのもすぐのはず。

ガンバレニッポン!

筆者: 清水 草一

スマート フォーツークーペ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スマート フォーツークーペ の関連記事

スマート フォーツークーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スマート フォーツークーペ の関連記事をもっと見る

スマート フォーツークーペ の関連ニュース

スマート 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20