autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スマート フォーツー mhd・ed 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2011/1/19 19:47

スマート フォーツー mhd・ed 試乗レポート(2/3)

スマート フォーツー mhd・ed 試乗レポート

細かいことは関係なくスマート・フォーツーはものすごく楽しい!

まずガソリン車のスマート・フォーツー。試乗したのは「マイクロハイブリッドドライブ」だ。

このマイクロハイブリッドって何?超小型ハイブリッドカーってこと?と思ったら大間違いで、実はこれ、単なるアイドリングストップ機能付きのことなんよ。それがなんでマイクロハイブリッド!?

不思議だが、ヨーロッパじゃハイブリッドカーは日本みたいにポピュラーじゃないので、信号待ちで自動的にエンジンが止まるだけで、「まるでハイブリッドじゃん!」と思ったのかもしれんです。

正直、我々日本人はアイドリングストップ程度じゃ、もはや感動も感心もしませんが、それでもアイドリングストップは、市街地燃費を1割上げるというのが定説。

それにこのマイクロハイブリッドの場合、ブレーキを踏んで時速8キロ以下になった時点で、自動的にエンジンが止まるのがエライ。

フツーのアイドリングストップだと、停止してしかもブレーキをちょいと強めに踏まないとエンジンが止まらなかったりして、意外と気を使ったりするからさ。 一方では、始動のたんびにあの安っぽいセルモーターの音がするのはちょっと・・・とも思うが、始動そのものはスムーズです。

スマートはコツコツ頑張ってます!

今回のマイチェンでは、ボディカラーの追加や内装の微変更、それと燃費もアップ(日本の10・15モードで23km/Lから23.5km/Lにちょっと向上)。燃費向上は「エンジンマネジメントの最適化とさまざまな改善による」ってことで、まぁこの程度のアップなんざ体感できるわけもないんだけど、とにかくスマートはコツコツ頑張ってるということで。

しかし、そんな細かいこととは関係なく、このクルマはものすごく楽しい!

エンジンは3気筒1000ccの71馬力。基本的に遅いです。そしてミッションは5速セミAT。コンピュータが自動的に変速してくれるマニュアル車ですな。

けっこう一生懸命走らないと、周囲の流れに乗れない。で、そうやって一生懸命走ると、ホイールベースが超短いだけに、動きがすごくクイックかつダイレクトで、これがとても楽しい!

セミATも、出た頃よりは変速が素早くなったけど、それでもまだ「よっこいしょ」って感じは少しあるので、余計ドライバーはスポーツの気分で頑張らねばイカン。坂道上る時は自分の足で漕いでる気分だよ(気分だけで実際には漕げません)!これがいいんだよね~。

相変わらずスマート・フォーツーは、運転するのが好きでたまらないクルマ変態に、超オススメのクルマです。

スマート フォーツークーペ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スマート フォーツークーペ の関連記事

スマート フォーツークーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スマート フォーツークーペ の関連記事をもっと見る

スマート フォーツークーペ の関連ニュース

スマート 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22