autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート オトナになった3代目/新型 スマート フォーツー「edition 1」試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2015/11/7 01:31

オトナになった3代目/新型 スマート フォーツー「edition 1」試乗レポート(2/4)

関連: スマート フォーツークーペ , スマート フォーフォー Text: 河口 まなぶ Photo: 和田清志/メルセデス・ベンツ日本
オトナになった3代目/新型 スマート フォーツー「edition 1」試乗レポート

3代目ですっかりオトナになった新型スマート

新型 スマート フォーツー「edition 1」[限定車] 試乗レポート/河口まなぶ

同時に感じるのは、プロダクトとして大幅に成長したところ。

これまでのスマートは短いホイールベースゆえのヒョコヒョコした乗り味や、騒音・振動のダイレクトな伝わり方に、やはり極めて小さいクルマだから仕方ないかな、と思える部分もあった。

けれど、新型スマート フォーツーは、コンパクトカーと比べても遜色ないと思えるほどのレベルにある。以前より遥かに路面に吸い付く感じがある上に、乗り味からもヒョコヒョコが消えて落ち着きがある。そうした様をして、相当に成長したな、と思うのだ。

スマート特有の「息継ぎ」が姿を消し、滑らかな加速を手に入れた!

新型 スマート フォーツー「edition 1」[限定車] 試乗レポート/河口まなぶ新型 スマート フォーツー「edition 1」[限定車] 試乗レポート/河口まなぶ

さらに印象的なのは、加速時の「息継ぎ」がなくなったことだろう。これまでは、簡易的な2ペダル式自動MTを使っていたため、変速時の機械によるクラッチ操作にどうしても「間」が生まれ、それがドライバーの頭を前後に揺するような動きになっていた。もっともいつしかそうした欠点も、スマートの特徴になっていたのだけれど。

しかし新型では、待望のDCTという2つのクラッチを用いて「間」をなくし、AT並みの滑らかさで変速する6速トランスミッション「twinamic(ツイナミック)」を手に入れたことで、あの「息継ぎ」とさよならした。

スマートの特徴にもなっていたそれがなくなったのは、昔からスマートを知っている自分的には寂しい気もするけれど、多くの人が満足してくれるのは最新モデルの滑らかさであることは間違いない。

3気筒 1リッターNAエンジンを搭載

新型 スマート フォーツー「edition 1」[限定車] 試乗レポート/河口まなぶ

そうしてスマートは立派な大人へと成長を果した。コンパクトカーと比べて遜色ないどころか、この小ささでこれほど優れた乗り味走り味を実現していることを考えると、相当に練りこまれたなと思えるし、手抜きのないクルマ作りがなされているなと感じる。

滑らかな変速を生むDCTと組み合わせられるエンジンは、1.0リッターの3気筒エンジン。

これは先代に搭載されたものをベースに進化させたもので、最高出力71ps、最大トルク9.3kgmを発生する。スマートのキビキビとした走りの源であると同時に、NA(自然吸気式)なので穏やかに感じる部分もあり、総じて爽やかな感覚を伝える。

[実際の走りはどうだったのか・・・次ページへ続く]

スマート フォーツークーペ 関連ページ

スマート フォーフォー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スマート フォーツークーペ の関連記事

スマート フォーツークーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スマート フォーツークーペ の関連記事をもっと見る

スマート フォーツークーペ の関連ニュース

スマート 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/27~2017/9/27