autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【最速レポ】新型「スマート」海外試乗 これがスマート?3代目で4ドアモデルが復活!

試乗レポート 2015/7/18 11:00

【最速レポ】新型「スマート」海外試乗 これがスマート?3代目で4ドアモデルが復活!(1/2)

関連: スマート フォーフォー Text: 河口 まなぶ Photo: メルセデス・ベンツ日本
【最速レポ】新型「スマート」海外試乗 これがスマート?3代目で4ドアモデルが復活!

2015年中に日本へ導入予定の新型「スマート」、ひと足お先に海外で試乗!

メルセデス・ベンツ 新型スマートと河口まなぶ氏

今年後半に日本導入がアナウンスされている新型スマートに、ついに試乗する機会を得たので早速報告したい。

今回で3代目となる新型スマートの最大の特徴は、何といってもかつて存在した4ドア版の「forfour」が復活したことだろう。かつて存在した4ドアのforfourは、三菱 コルトとメカニズムの多くを共有するフロントにエンジンを置き前輪を駆動するモデルで、2ドアでリアにエンジンを置き後輪を駆動する「fortwo」とはコンセプトも成り立ちも別物だった。

しかし、今回のforfourはfortwo同様にリアにエンジンを置き後輪を駆動するモデルに生まれ変わり、本来のコンセプトに沿ったクルマとなった。

メルセデス・ベンツ 新型スマートフォーフォーメルセデス・ベンツ 新型スマートフォーフォー

今回、forfourが生まれた背景には“ルノーとの連携”がある。

既にご存知の方も多いだろうが、今回のforfourはルノーのトゥインゴとメカニズムの6~7割を共有している。先代forfourでは三菱とリソースをシェアしたわけだが、今回はルノーとリソースをシェアした。ただし今回はスマート側からの強い要望によって、リアにエンジンを置き後輪を駆動するレイアウトを採用するに至ったのだという。

3サイズは、fortwoが全長2,690mm×全幅1,660mm×全高1,550mm。対してforfourは全長が800mm長い3,490mm。つまり、fortwoのストレッチ版と考えると良い。

fortwoは先代に比べて全長が短くなって2,700mmを再び切り、一方で全幅は100mmワイドになった。特に全幅の拡大は室内空間のゆとりだけでなく、ハンドルを切った時のタイヤの切れ角アップに大きく貢献している。

事実、最小回転半径は先代の4.2mから新型ではなんと3.5mを切っており、これは初代スマートの4.1mと比べても圧倒的に小さい。ちなみにforfourでは4.3m程度なので、それでも極めて小回りが利く部類だ。

一方、forfourも三菱 コルトをベースとしていた先代から比べると全長が短く幅も狭くなっているものの、全長に対する室内の長さは77%を占めており、限られた数値の中で最大限の空間を実現している。

メルセデス・ベンツ 新型スマートフォーフォーメルセデス・ベンツ 新型スマートフォーフォーメルセデス・ベンツ 新型スマートフォーフォーメルセデス・ベンツ 新型スマートフォーフォーメルセデス・ベンツ 新型スマートフォーフォー
メルセデス・ベンツ 新型スマートフォーツーメルセデス・ベンツ 新型スマートフォーツーメルセデス・ベンツ 新型スマートフォーツーメルセデス・ベンツ 新型スマートフォーツーメルセデス・ベンツ 新型スマートフォーツー

スマート フォーフォー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スマート フォーフォー の関連記事

スマート フォーフォーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スマート フォーフォー の関連記事をもっと見る

スマート フォーフォー の関連ニュース

スマート 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26