autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム サーブ 環境への取り組み

自動車評論家コラム 2008/3/10 13:20

サーブ 環境への取り組み

関連: サーブ Text: 河村 康彦 Photo: GMアジア・パシフィック・ジャパン
サーブ 環境への取り組み

航空機製造会社生まれの自動車メーカー、サーブ

スカンジナビア半島の東側を占め、その半分を森林に覆われると共に、9万以上もの大小様々な湖が点在をする北の大地スウェーデン。北欧最大のこの国の面積は日本の約1.2倍に達する。一方で、人口は東京圏に住む人よりも遥かに少ない僅か900万人に過ぎない。 そうした条件がもたらす国内市場の小ささゆえ、この国の経済は、古くから高い技術力をバックボーンとした輸出に頼るという状況にあった。その環境の下、現在も独創的な乗用車を作り続けているのが“SAAB サーブ”だ。

サーブ 環境への取り組み

サーブ 9-3 カブリオレ

そもそも、自国の空軍に戦闘機と爆撃機を提供する航空機製造会社に端を発したこのメーカーは、そうした生い立ちもあり、当初から既存の概念や習慣に囚われないユニークなクルマを世に送り出してきた。航空機造りのノウハウを生かした軽量で強固なモノ