autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート “最速を誇るオープン”その誕生にはある「試み」が/ロールス・ロイス ドーン 海外試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2016/4/16 11:16

“最速を誇るオープン”その誕生にはある「試み」が/ロールス・ロイス ドーン 海外試乗レポート(3/3)

関連: ロールスロイス Text: 西川 淳 Photo: ロールス・ロイス・モーター・カーズ
“最速を誇るオープン”その誕生にはある「試み」が/ロールス・ロイス ドーン 海外試乗レポート

まるで“神の手”に引かれているかのような加速フィール

ロールス・ロイス ドーンロールス・ロイス ドーン

静かに、そして厳かに走り出す。

オープンかつフル4シーターという大きな開口部を持ち合わせているにも関わらず、ミシリとも言わないのはさすが。むしろクローズドで走るとわずかにフロアが震えるが、それも全神経を集中させて初めて感じる類で、気になるほどじゃない。

わずかな“タメ”ののちに、ウルトラスムースな加速が待っていた。

車重2.6トンをまるで感じさせない、というとウソになる。最初のタメは、明らかに車重のせい。しかし、そこから後の、特に中間加速の心地よい伸びは、レイスともゴーストとも異なるオープンエアを持つドーンに特有のもの。他のモデルでは味わえない加速フィールゆえ、見えざる“神の手”に引かれたかのような気分になる。

ペダルの踏み加減、加減速、コーナリングのキャラクターといった操作系にまつわる関係性を身体が一度覚えてしまえば、そこからはもう意のままのハンドリングを楽しむことができる。

5.3mの巨体がガンガン飛ばし始めるのだから、まわりは迷惑このうえないかも知れないが、ドライバーはというと車体の大きさなど歯牙にもかけず無邪気にハンドリングを楽しんでいる。レイスよりも全体的にマイルドで、街中や高速クルージングなどでもより洗練された印象だ。

若い成功者に試して欲しい1台

ロールス・ロイス ドーンロールス・ロイス ドーンと西川淳氏

特にオープン時の走りは、いわゆる“下半身ぬるま湯”状態。ずっと“浸かっていたい”気分になる。

もっとも、こんな高級コンバーチブルに“のぼせ上がった”日は、日常生活に戻ることが難しくなってしまう。毎日これを駆るような立場にないライターとしては、早めに現実を取り戻したほうが良さそうだ。

なるほどクルマから降り、改めてそのエレガントな佇まいを眺めてみれば、伝統だの格式だのといった、もったいをつけた表現などまるで似合わない、ただただ最新の最上位であるというオーラが漂っている。

このクルマを駆るのに、ロールス・ロイスの歴史を学ぶ必要などまるで無い。まずは最新モデルの世界観を試してみて、自らの限られた経験と見識に新たな陽の光を浴びさせようじゃないか。そこから見えてくるブランドの矜持のほうが、よっぽど真実というものだろう。

ドライビング好きの若い成功者には、ぜひ一度、試してみて欲しいモデルだ。

筆者: 西川 淳
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ロールスロイス の関連記事

ロールスロイスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロールスロイス の関連記事をもっと見る

ロールスロイス の関連ニュース

ロールスロイス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25