autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マクラーレン MP4-12C 試乗レポート/西川淳 3ページ目

試乗レポート 2011/3/10 16:35

マクラーレン MP4-12C 試乗レポート/西川淳(3/4)

Text: 西川 淳
マクラーレン MP4-12C 試乗レポート/西川淳

スーパーカーでは異例といえる乗り心地の良さ

マクラーレン MP4-12C
マクラーレン MP4-12Cマクラーレン MP4-12C

乗りこんでみよう。

室内は非常にコンパクトだ。助手席との距離が近い。男同士で乗るのはご免被りたいほどだ。

これを窮屈と取るか、運動性能にこだわった結果だと考えるかで、12Cに対する基本姿勢が決まる。2ペダルの採用も、できるだけ足元スペースを狭くしたかった(=重心が中央に寄り、軽量化にも繋がる)からというから、ターゲットパフォーマンス達成に妥協の二文字はない。

とはいえ、硬派なレーシングカースタイルを採ったわけでもなかった。

上質な誂えのレザーで覆われ、そのコーディネーションも自由自在。運転席と助手席で色を切り分けする、なんて芸当も可能である。

マクラーレン MP4-12C

ポルトガルのアルガルヴェ・サーキットでプロダクション・プロトタイプ(最終プロト)に試乗した。はるばるイギリスから、最終テストを兼ねて海路と自走でやってきた個体だった為、当然ナンバー付きだ。

まずは、サーキットから一般路へノーズを向けた。

小村の荒れた市街地路面を、まるで欧州サルーンのようにこなす。この手のスーパーカーにしては、異例に乗り心地がいい。クルマそのものが軽いというのに、アシは極めてしなやかに動き、ときには重厚なライドフィールであると思えるほど。

毎日乗ってもいいと思えたのは、アウディR8以来だが、そのR8よりも心地良かった。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!