autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 好バランスのスポーティタイヤ「横浜ゴム ADVAN FLEVA V701」試乗レポート 4ページ目

試乗レポート 2016/6/17 22:06

好バランスのスポーティタイヤ「横浜ゴム ADVAN FLEVA V701」試乗レポート(4/4)

Text: 岡本 幸一郎 Photo: 和田清志・横浜ゴム
好バランスのスポーティタイヤ「横浜ゴム ADVAN FLEVA V701」試乗レポート

WETブレーキやスラロームでの優位性も

横浜ゴム「ADVAN FLEVA V701」試乗レポート/岡本幸一郎横浜ゴム「ADVAN FLEVA V701」試乗レポート/岡本幸一郎

WET路では、FLEVAとS.driveを履いた86で比較。85km/hを目安にフルブレーキングして停止するまでの距離を計測(※GPSにより80km/h→5km/hの距離を計測するので誤差は無視できる範囲)したところ、その差は歴然としていた。

筆者の走行で、S.driveでは29.56mだったのに対し、FLEVAでは26.35mとなった。その差、実に3mあまり。他の参加者の結果も見せてもらったところ、概ね2~3mの差だった。

実際、FLEVAのほうが、ブレーキを踏んだ瞬間にグッと強く減速Gが立ち上がるし、そこから停止するまでの間も全体的に減速Gが強い。それだけしっかりグリップしているということだろう。

横浜ゴム「ADVAN FLEVA V701」試乗レポート/岡本幸一郎

折り返してパイロンスラローム。ここでのグリップ感もまったく違って、それは最初の一発目にステアリングを切ったときから明らか。

電子制御デバイスをONにしていたのだが、S.driveはけっこう横に流れる。

リアも流れるので、それを利用してクルマを曲げやすいという面もあったのだが、車速がだんだん下がっていってしまう。やはりFLEVAのほうが安定して速いペースで楽しく走ることができた。

普段使いでも問題ない快適性も確保したスグレモノのスポーティタイヤ

横浜ゴム「ADVAN FLEVA V701」試乗レポート/岡本幸一郎横浜ゴム「ADVAN FLEVA V701」試乗レポート/岡本幸一郎

このようにFLEVAは、いろいろなタイプのクルマに履かせて、さまざまなシチュエーションを走っても楽しめることがよくわかった。それでいて快適性も十分に高く、普段使いでもまったく問題ない、乗りやすいタイヤでもある。

すでに265/35R19から195/55R15まで全24サイズが用意されていて、今後さらなるサイズの拡大も予定されている。しかも実勢価格はリーズナブルだという。

「ADVAN」のDNAを感じさせつつも、クルマを問わず誰にでもオススメしたい好バランスを誇る、なかなかスグレモノのスポーティタイヤである。

[レポート:岡本幸一郎/Photo:和田清志・横浜ゴム]

>>「ADVAN FLEVA V701」画像ギャラリー

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!