autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 好バランスのスポーティタイヤ「横浜ゴム ADVAN FLEVA V701」試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2016/6/17 22:06

好バランスのスポーティタイヤ「横浜ゴム ADVAN FLEVA V701」試乗レポート(2/4)

Text: 岡本 幸一郎 Photo: 和田清志・横浜ゴム
好バランスのスポーティタイヤ「横浜ゴム ADVAN FLEVA V701」試乗レポート

つぶれても逃げずに曲がっていく

横浜ゴム「ADVAN FLEVA V701」試乗レポート/岡本幸一郎

最初に旋回試験場で、FLEVAを装着した4WDの「スバル レヴォーグ」と、FFの「プジョー 208GTi」の2台をドライブ。

パイロンでつくられたジムカーナのようなコースは、一部に水がまいてありウェットでのコーナリングも試せるようになっていた。

こうしたコースではタイヤがよくないと走っても楽しくないのだが、せっかくなので思いっきり攻めてみたところ、FLEVAはしっかり応えてくれた。

横浜ゴム「ADVAN FLEVA V701」試乗レポート/岡本幸一郎横浜ゴム「ADVAN FLEVA V701」試乗レポート/岡本幸一郎

ステアリングを切ったときに遅れることなく応答してくれるのが、まず心地よい。

急カーブのままウェット路面に突入する区間では、フロントの外輪がつぶれて荷重が集中して、クルマがつんのめって3輪走行に近い感じになる。

ふつうそうなると、とくにFFでフロントヘビーなプジョー208だと、ズズーッとフロントから逃げてしまうのだが、FLEVAはあまり逃げることなく、思ったよりもちゃんと曲がっていくことにも驚いた。これは大したものだ。

>>「ADVAN FLEVA V701」画像ギャラリー

つづくスラローム区間でも、ステアリングレスポンスのよさを確認。

感触としては、それほどガチガチにケース剛性が高められた印象ではないが、応答遅れもなく一体感のある、スポーティな走りを楽しむことができる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!