autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ミニバン専用タイヤの老舗ブランド「トーヨータイヤ トランパス」に加わったニューモデル「 ML(エムエル)」を徹底試乗 2ページ目

試乗レポート 2016/5/21 18:45

ミニバン専用タイヤの老舗ブランド「トーヨータイヤ トランパス」に加わったニューモデル「 ML(エムエル)」を徹底試乗(2/4)

Text: 五味 康隆 Photo: TOYO TIRES
ミニバン専用タイヤの老舗ブランド「トーヨータイヤ トランパス」に加わったニューモデル「 ML(エムエル)」を徹底試乗

「トランパス Lu II」と「mpZ」の間に位置する新ミニバンタイヤ「ML」

ミニバン専用タイヤ「TOYO TIRES TRANPATH ML」(トーヨータイヤ トランパス エムエル) 試乗レポート/五味康隆

TRANPATH MLのポジショニングは、Lu IIとmpZの中間に位置する。

ここ最近増えだしている、ミニバンの中でも豪華装備が付いて重量がかさむ高級グレードミニバンや、エアロパーツなどが付いて重量がかさむドレスアップミニバンがターゲットだ。具体的に例を出すなら「トヨタエスクァイア」や「ノア/ヴォクシー ZS」、「ホンダ ステップワゴン スパーダ」、「日産 セレナ ハイウェイスター/ライダー」辺りが挙げられる。

>>トーヨータイヤ トランパス ML 画像ギャラリーはこちら

ミニバン専用タイヤ「TOYO TIRES TRANPATH ML」(トーヨータイヤ トランパス エムエル) 試乗レポート/五味康隆

MLのタイヤ内部にあるカーカスという、クルマでいうシャーシ骨格に相当するところは、mpZと同様だ。言うなれば、mpZととMLは兄弟タイヤとなる。しかし使っているゴムのコンパウンドは2ポイント柔らかく、またトレッド幅を広げて路面への接地面積を増やしながら若干の淺溝設計を採用して、ベースゴムには燃費性能にとても優れるポリマーを“まぶす”など、知恵の輪を解くような様々な技術を駆使し、mpZとは全く異なるタイヤを登場させた。

結果として転がり抵抗とウェットグリップに優れる、AA-bというラベリング制度のグレード等級で優れた性能を誇りながら、耐久性も備えてきたという。

ミニバン専用タイヤ「TOYO TIRES TRANPATH ML」(トーヨータイヤ トランパス エムエル) 試乗レポート/五味康隆

また、どこもやっていない新たな調整を積極的にするトーヨーらしく、ドレスアップ系ミニバンの足元に相応しいように、ハンドルを切った時などに見えるタイヤのトレッド面(路面に接地する面)にMLの”L”の字をイメージした「Lモーショングルーブ」という、見せる溝も採用。

ミニバン専用タイヤ「TOYO TIRES TRANPATH ML」(トーヨータイヤ トランパス エムエル) 試乗レポート/五味康隆

この説明を聞いたときは、タイヤのトレッド面のデザインなどにこだわっても効果は薄いのでは?と思えたが、クルマが駐車場から出る際など意外と目立つ要素であることも確認。このL字の溝に加えて、タイヤの内側は乗り心地や静かさを意識して快適なコンフォートタイヤのようなブロックパターンをしているが、外側はハードな走りにも応えるスポーツタイヤを思わせる大型ブロック形状を採用。その外側ブロックの顔がチラチラ見えるだけで、ミニバンなのにファミリー感は消えて力強いイメージが漂うから不思議だ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!