autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 「フォーミュラE」由来の性能を発揮するミシュランの新しいスポーツタイヤ『パイロットスポーツ4』試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2016/4/28 13:40

「フォーミュラE」由来の性能を発揮するミシュランの新しいスポーツタイヤ『パイロットスポーツ4』試乗レポート(3/3)

Text: 山本 シンヤ Photo: 和田清志/日本ミシュランタイヤ株式会社
「フォーミュラE」由来の性能を発揮するミシュランの新しいスポーツタイヤ『パイロットスポーツ4』試乗レポート

まるで初期モデル(A型)が最新モデル(D型)になったくらいの差

ミシュラン パイロットスポーツ4を装着したトヨタ 86ミシュラン パイロットスポーツ4を装着したトヨタ 86

実は今回、静岡県三島市の自宅に帰る途中にゲリラ豪雨に見舞われたのだが、ウエットでの安心感はプライマシー3同様に相当高い。ただ、プライマシー3との違いはウエットでもタイヤがピターっと路面に張り付くようなレーシングタイヤに似た感覚。もちろん絶対的なグリップの高さだけでなく、限界がどこかを掴みやすいのも安心して運転できるポイントだ。

後日、テストコース(JARI)にてトヨタ「86」&PS4の組み合わせでドライ/ウエットで限界走行を試させてもらったが、電子デバイスOFF時のコントロール性の高さはもちろん、電子デバイスONでも制御が入る速度域も大きくアップしている上に、制御を効かさないギリギリの領域で走らせるのも楽だった。まるで初期モデル(A型)が最新モデル(D型)になったくらいの差である。

ただ、誤解してほしくないのは、そもそもプライマシー3はコンフォートタイヤとしてのポテンシャルは相当高いと言う事を忘れてはならない。

新しいPS4はこれの更に上を行くのはもちろん、トータルバランスの中でよりスポーツ性に必要な性能のレベルを大きく引き上げた・・・と言うように解釈してほしい。

現在のスポーツカーの要望を高いレベルで叶えるスポーツタイヤ

ミシュラン パイロットスポーツ4を装着した欧州シビック

実はプライマシー3を履く時にパイロットスポーツ3と凄く悩んだ。

なぜなら、性能も性格も非常に近似していたからだ。その点では、PS4とプライマシー3ならトータルバランスを備えながらも、スポーツとコンフォートと各々の性格はシッカリ分けられているので、もう悩むことはないと思う。恐らく、今後出てくるはずのプライマシー4(!?)は、より快適性をレベルアップしてくるに違いない。

自動車研究家の山本シンヤさん

もちろん、ライバルメーカーにはPS4よりもサーキットのラップタイムやグリップの高いスポーツタイヤは存在する。ただ、そこに「道を選ばず」、「走る状況を選ばず」、「ドライバーのスキルに左右されず」、「他の性能を犠牲にせず」と言う条件があったらどうだろうか?

そう考えると、PS4は現在のスポーツカーの要望を高いレベルで叶えるスポーツタイヤと言ってもいいだろう。

現時点では17/18インチのみの設定で、パイロットスーパースポーツ/パイロットスポーツ3と共にスポーツ系ラインナップを支えていくことになるが、今後は市場の要望に合わせてサイズのラインナップ拡大も行なっていくはずだ。

[レポート:山本シンヤ/Photo:和田清志、日本ミシュランタイヤ株式会社]

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!