autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート こんなの見たことないっ! 謎の3輪スポーツカー「SLINGSHOT」(スリングショット) 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2015/11/2 15:53

こんなの見たことないっ! 謎の3輪スポーツカー「SLINGSHOT」(スリングショット) 試乗レポート(2/6)

Text: 岡本 幸一郎 Photo: 茂呂幸正
こんなの見たことないっ! 謎の3輪スポーツカー「SLINGSHOT」(スリングショット) 試乗レポート

そのルックス、インパクト満点!

スリーホイラー(3輪)スポーツカー「SLINGSHOT」(スリングショット)試乗レポート/岡本幸一郎スリーホイラー(3輪)スポーツカー「SLINGSHOT」(スリングショット)試乗レポート/岡本幸一郎

そんなポラリスにとっても初となるスリーホイーラーであるスリングショットは、まずインパクト満点のアグレッシブなルックスが印象的だ。

ロー&ワイドなフォルムのボディは、全長は3800mmという短さながら、全幅は1971mmと2m近くもある。ホイールベースは2667mmだ。

エッジの効いた形状のボディパネルは耐衝撃性ポリマー樹脂製となっている。ヘッドランプはにらみつけるような鋭い目つき。ユニークな形状のLEDリアコンビランプや、センターフィンに仕込まれたLEDのハイマウントランプは視認性も高くてよい。

ボディカラーは、標準モデルがチタニウムメタリック、上級の「SL」がレッドパールとなる。

車体の骨格はスチール製スペースフレームで構成されており、フロントは見るからに凝った構造のダブルウィッシュボーン式、リアはフレームにシングルピボット装着されたスイングアーム式のサスペンションを持つ。

タイヤサイズは、標準モデルが前205/50R17、後265/35R18、SLが前225/45R18、後255/35R20で、ホイールのデザインも差別化されている。

スリーホイラー(3輪)スポーツカー「SLINGSHOT」(スリングショット)試乗レポート/岡本幸一郎スリーホイラー(3輪)スポーツカー「SLINGSHOT」(スリングショット)試乗レポート/岡本幸一郎スリーホイラー(3輪)スポーツカー「SLINGSHOT」(スリングショット)試乗レポート/岡本幸一郎スリーホイラー(3輪)スポーツカー「SLINGSHOT」(スリングショット)試乗レポート/岡本幸一郎スリーホイラー(3輪)スポーツカー「SLINGSHOT」(スリングショット)試乗レポート/岡本幸一郎

わずか750kg程度のボディに2.4リッターエンジンを搭載

スリーホイラー(3輪)スポーツカー「SLINGSHOT」(スリングショット)試乗レポート/岡本幸一郎スリーホイラー(3輪)スポーツカー「SLINGSHOT」(スリングショット)試乗レポート/岡本幸一郎

この種の奇抜な乗り物は、乗降性がよろしくないものが多い気がするところだが、スリングショットはいたって乗り降りしやすい。最低地上高は120mmで、着座位置はわずか300mmと、究極のローポジションを実現している。

エクステリアの一部として、コクピット内も共通の雰囲気でデザインされている。上級仕様の「SL」にはオーディオやバックカメラが付く。車両重量は標準モデルが752.9kg、SLが763.3kgだ。

フロントカウルを開けると、GM製の「エコテック」と呼ぶ2.4リッターDOHC自然吸気エンジンが縦置きに搭載されている。最高出力は173HP/6200rpmであり、700kg台の軽量な車体ゆえパワーウエイトレシオは4.5kg/HPを下回っており、高性能スポーツカーなみ。速さのほうも期待できそうだ。

トランスミッションは5速MTで、ドライブシャフトを介し、ディファレンシャルで駆動軸を変換し、カーボンベルトにより後輪を駆動させる。 ベルトドライブには、ポラリス社がこれまでに2輪車やスノーモービルの製造で得た技術が生かされている。

[乗ってみてどうなのか・・・次ページへ続く]

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!