autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 梅雨本番! 貴方のタイヤは大丈夫?擦り減ったタイヤはこれだけ怖い!

試乗レポート 2015/6/25 17:11

梅雨本番! 貴方のタイヤは大丈夫?擦り減ったタイヤはこれだけ怖い!(1/3)

Text: 山本 シンヤ Photo: 小林岳夫
梅雨本番! 貴方のタイヤは大丈夫?擦り減ったタイヤはこれだけ怖い!

ウェット路面におけるタイヤの重要性を改めて振り返ってみる

その昔、星野一義選手と菊池桃子さんによる「タイヤはハガキ4枚の大きさでクルマを支えています」というテレビCMがあった。

クルマが唯一路面と接する大事な機能部品であることを、実に分かりやすく教えてくれたあのCMはブリヂストンであった。あのCMからすでに20年近く経ち、クルマの性能も飛躍的に進化したが、それはタイヤの進化でもある。

NEXTRY(ネクストリー)(転がり性能A/ウエット性能C)を装着したプリウス

タイヤの4つの基本性能は「走る/曲がる/止まる/支える」だが、近年では安全性だけでなく、環境性能(低燃費、高寿命性)、快適性など、様々な性能が要求されている。そう、タイヤはどれも黒くて丸い物に見えるのだが、その性能は商品によって大きく変わる。

その一つがウエット性能だろう。現在、梅雨の真っただ中だが、誰もが滑りやすい路面でヒヤっとした経験があると思う。そこで、今回はタイヤの重要性について再確認してみようと思う。

「ハイドロプレーニング現象」を防ぐには?

新品のレグノ GR-XIを装着した日産セレナの性能を試す山本シンヤ氏残り溝1.6mmしかないレグノ GR-XIを装着した日産セレナの性能を試す山本シンヤ氏

クルマは路面に接するタイヤの摩擦力によって「走る/曲がる/止まる」が可能となっている。

世の中の全ての道がドライ路面であれば、レースタイヤのように溝がないスリックタイヤでもいいのだが、路面状況は雨/雪/氷/オフロードと言ったように、時々刻々と変化している。そして、どのような環境下でも路面との摩擦力を確保させるために必要となるのが、トレッドパターン(溝)である。

例えば、雨の日に起こる「ハイドロプレーニング現象」は、タイヤと路面の間に水が入り込んでおきるのだが、これはタイヤの接地圧よりも水圧が勝ってしまうため。

では、どうしたらハイドロプレーニングは起きにくくなるのか?

それは、タイヤと路面の間の水を排水できるような溝があればいい、と言うわけだ。そう、タイヤのトレッドパターンのデザインは、単なる意匠やイメージではなく「排水」のための機能なのだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!