autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トーヨータイヤ 新「TRANPATH(トランパス)」シリーズ 試乗レポート/飯田裕子 2ページ目

試乗レポート 2013/12/18 15:00

トーヨータイヤ 新「TRANPATH(トランパス)」シリーズ 試乗レポート/飯田裕子(2/4)

トーヨータイヤ 新「TRANPATH(トランパス)」シリーズ 試乗レポート/飯田裕子

「トランパスmpZ」 ~ミニバン専用タイヤの老舗がさらに一歩先へ~

トランパス mpz (装着車:VW トゥーラン装着)自動車評論家の飯田裕子さん

トランパス mpZは、ミニバンの走りをしっかりと支え、高速道路でもふらつかない「しっかり感」が強調された。実は先代のmp Fでも走りのしっかり感は十分に感じられていただけに、個人的にも新製品の進化にはとても興味があった。

新しいトランパスmpZを試してみると、なるほどハンドリング性能のクオリティがさらに向上していた。従来モデルのトランパスmpFと比較試乗をしたことでわかりやすかったのは、あえてタイトに設定されたレーンチェンジを走行した際の、mpZのふらつきの少ない安定感だ。80km/hで新旧を比較すると、mpFはやや足元がおぼつかない印象とともに手に汗しそうな緊張感を少し抱く。それでも先代でもクリアできるし、難ありのコース設定ゆえの不安感ともとれる。ところがmpZはそこを難なく通過することが可能。緊張感の度合が違うのだ。路面をしっかりと捉え、わずかなラインのズレも抑えられている。特に切り返したときの足元のしっかり感を、ハンドルを握る手元と挙動とで同時に感じることができて、とても頼もしい。

トランパス mpz 走行自動車評論家の飯田裕子さん

一般道に出て高速走行中にレーンチェンジを行った場合でも、スッと納まる安定感の精度が向上していることで、mpZの進化のほどがわかる。またコーナリング中に切り足すような微妙なステアリング操作を加えても、手応えと足元からの反応がより正確に伝わってきた。高速道路のランプウエイカーブも、理想の走行ラインどおりにグイグイと曲がってくれる感覚が気持ちいい。

市街地走行では、交差点での右左折時の安定感も違う。もちろんその実力は、先代mpFでもすでに持ち合わせていた。しかし横揺れの少ない安定感の恩恵に預かる場面は、山間部などに行けばその違いはドライバーのみならず同乗者にもポジティブに働くはずだ。ときにドライバーは楽しく頼もしく、同乗者がいる場合はジェントルなドライブを心がければ移動中の疲れ度合も変わると思うからだ。公道試乗に使用したフォルクスワーゲン シャランの後部座席は着座位置が高め(つまり乗員の重心が高いし、頭が振られやすい)であるにもかかわらず、乗用車的な快適な乗り心地が得られたことを追記しておきたい。

これらにはワイドトレッド化や低溝容積化、そしてタイヤ外側のリブの高剛性化による横方向のグリップ向上、そしてスーパー・ハイ・ターン・アップ構造がやはり効いている。

ナノテクノロジーが、より全方位に効く!

トランパス mpz (装着車:VW シャラン)
トランパス mpz (装着車:VW シャラン)トランパス mpz (装着車:日産 セレナ)

ナノテクノロジーを採用する新しいゴム配合により上がっているのは、ウエットブレーキ性能だそうだ。ドライよりも性能向上度合は大きいという。転がり抵抗はこれまでもAグレードと高いが、ウェットグリップがC→Bに上がったことでウェットブレーキ性能も向上。溝の深さは同じだけど、溝面積は減ってゴムのボリューム=面積は増えている。クルマが持つ、走る・曲がるのみならず、止まる力を地面に伝えやすくなっているのだ。

ちなみに溝面積が減ることで排水性はわずかに低下しハイドロ性能が下がっているのも事実。これで性能向上と言えるのかとたずねると、結果としてトータルのウエット性能はこれまでと同等なのだという。「今までも十二分の安全性能を持っていたので、他の性能を上げてトータルの実力を高めたかった」と開発者の方は言う。クルマの車重が重くなってハイドロが起こりやすい速度域も上がってきていることもあり、十二分な耐ハイドロ性能を十分とすることで担保。その余裕分で、市場のお客様の声を反映させた耐摩耗やウエットブレーキの性能を上げる設計にしたのだそうだ。

トランパス mpz

先代mpFでは、低燃費タイヤ性能に特に配慮したミニバン専用タイヤという特色を持っていた。新しいトランパスmpZでは、ゴムの配合の技術革新“ナノバランステクノロジー”の進化によって違うゴムができたことで、mpFの特色に加え、それまでの「しっかり」と「ロングライフ」というミニバン専用トランパス本来の良さに原点回帰することができたという。

[次ページへ続く]

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!